メインメニューを開く

千葉県道180号松戸原木線

日本の千葉県の道路
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
千葉県道180号標識

千葉県道180号松戸原木線(ちばけんどう180ごう まつどばらきせん)は松戸市松戸の国道6号との交点である「陣ケ前交差点」を起点とし、市川市船橋市を経て、市川市原木京葉道路原木インターチェンジを終点とする一般県道である。通称は「市川松戸道路」。開通後、当初は一部区間が有料道路市川松戸有料道路として運営されてきたが、2000年平成12年)10月1日に無料化された[1]

概要編集

千葉県北西部の松戸市と湾岸部の市川市を南北に結ぶ縦幹線道路で、松戸市松戸の国道6号・陣ヶ前交差点より分岐して南進し、木下街道の北方十字路を経て船橋市内のJR西船橋駅付近を通過し、市川市内で京葉道路原木ICに接続する。船橋市内の国道14号とは中山競馬場入口交差点で交差し、北方十字路付近の沿線には中山競馬場がある。

起点・終点編集

  • 松戸市松戸、「陣ヶ前交差点」
  • 市川市原木、京葉道路原木インターチェンジ

路線状況編集

国道14号との中山競馬場入口交差点においては慢性的な交通渋滞が発生しており、京成本線と交差する西船跨線橋が老朽化などしており、交差点改良と跨線橋の架け替えを併せて整備する道路改良事業が1996年(平成8年)度から2015年(平成27年)度にかけて進められている[2]

通称編集

  • 市川松戸道路

旧・市川松戸有料道路編集

「市川松戸有料道路」時代には、「陣ヶ前交差点」より「北方十字路」(市川市若宮中山競馬場正門脇にあたる)までが有料区間とされ、途中千葉県道51号市川柏線との接続地点付近(市川市大野町)に料金所が設置されていた。

  • 1966年昭和41年) 市川市若宮 - 同市大野町間の工事開始。
  • 1968年(昭和43年)10月1日 同区間2.9 kmが開通、市川松戸有料道路として供用開始[3][4]。同年、大野町以北工事開始。
  • 1971年(昭和46年) 有料道路区間全通(7.8 km)[1]

重複区間編集

道路施設編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線編集

脚注編集

  1. ^ a b “市川松戸有料道路が無料に”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (2000年10月13日) 
  2. ^ 県土整備部葛南土木事務所 (2014年9月29日). “都市計画道路3・4・15号本郷町古作町線(西船橋)”. 千葉県ホームページ. 千葉県. 2016年1月23日閲覧。
  3. ^ “きょう開通式、待望の市川有料道路 県公社初事業”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊. (1968年10月1日) 
  4. ^ “盛大に開通式、市川有料道路”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊. (1968年10月2日) 

関連項目編集