千葉石(ちばせき、chibaite)は、鉱物酸化鉱物)の一種。化学組成は SiO2·n(CH4,C2H6,C3H8,C4H10) (n=3/17(max))、結晶系等軸晶系

千葉石
分類 酸化鉱物
シュツルンツ分類 04.DA.25
Dana Classification 75.02.02.03
化学式 SiO2・n(CH4,C2H6,C3H8,C4H10) (n<3/17)
結晶系 等軸晶系
単位格子 a = 19.3742(4)Å
モース硬度 7
光沢 ガラス光沢
無色透明白色
条痕 白色
密度 2.01 - 2.03 g/cm3
文献 [1][2]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

2009年千葉県採石場[3]で発見された新鉱物[1]で、名前は発見地の県名にちなむ。

産出地編集

千葉県南房総市荒川(原産地)。

性質・特徴編集

基本的な化学組成は SiO2二酸化ケイ素)であるが、結晶格子内部に CH4メタン)、C2H6エタン)、C3H8プロパン)、C4H10イソブタン)を含んでいる包接化合物である。

結晶構造はハイドレートII型である。ちょうど、メタンハイドレートII型の分子を二酸化ケイ素に置き換えた構造に相当する。ちなみに、ハイドレートI型メラノフロジャイト英語版である。千葉石とメラノフロジャイトは、鉱物ではこれだけしかないガスハイドレート鉱物である。

千葉石は透明な八面体結晶をしている。白濁したものは石英に変質している場合が多いが、白濁したものの下にまだ透明の部分が残っている場合には、そこが千葉石である場合もあり、一概には言えない。

サイド・ストーリー編集

原産地の荒川は、シロウリガイ化石が産出する場所であるが、このシロウリガイ化石の採集時に、奇妙な結晶の石英が発見された。発見された結晶は石英であるが、その仮晶の元となる鉱物が問題であった。初めはクリストバル石、もしくは日本では未発見のメラノフロジャイトと思われていたが、透明な結晶が見つかり、分析したところ、未知の鉱物であることが判明した。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Chibaite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=39335 2011年12月1日閲覧。  (英語)
  2. ^ IMA2008-067, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/IMA2008-067.shtml 2011年12月1日閲覧。  (英語)
  3. ^ 結晶美術館

参考文献編集

  • 門馬綱一ほか「千葉県南房総市荒川から産出した包摂化合物結晶について」『日本鉱物科学会年会講演要旨集』、日本鉱物科学会、2008年、 107頁。
  • Koichi Momma; et al. (2011). “New silica clathrate minerals that are isostructural with natural gas hydrates”. Nature Communications (Nature Publishing Group) 2. doi:10.1038/ncomms1196. ISSN 2041-1723. http://www.nature.com/ncomms/journal/v2/n2/full/ncomms1196.html. 
  • 門馬綱一、池田卓史「新鉱物 千葉石(chibaite)について」『ゼオライト』第28巻第1号、ゼオライト学会、2011年、 25-32頁、 ISSN 0918-7774NAID 40018752251
  • 門馬綱一「天然ガスを含む新鉱物「千葉石」とは? その可能性は?」『マテリアルステージ』第11巻第2号、技術情報協会、2011年、 1-4頁、 ISSN 1346-3926NAID 40018844603

関連項目編集

外部リンク編集