メインメニューを開く

千葉 胤成(ちば たねなり、1884年9月21日 - 1972年3月18日)は、日本の心理学者東北大学名誉教授。

経歴編集

宮城県出身。1909年京都帝国大学文科大学心理学科卒。1917年京都帝大助教授、ドイツのライプツィヒ大学に留学、ヴィルヘルム・ヴントの心理学を研究。西田幾多郎のもとで1922年文学博士。1923年東北帝国大学文学部教授となり心理学講座を開設。第二次大戦中は満州国建国大学教授。戦後は仙台市立第四中学校長、宮城県教育研究所所長、1949年新潟大学教授、教育学部長。1952年東北大学名誉教授。1953年日本大学教授。駒澤大学教授。

固有意識を中心とする心理学の体系化を追究した[1][2]

著書編集

  • 『意識・無意識の問題』東宛書房 1935
  • 『幼児の精神』「生活と精神の科学」叢書 東北帝国大学心理学研究室編 東宛書房 1936
  • 『現代の心理学』現代哲学全集 日本評論社 1940
  • 『無意識の心理学』河出新書 1956
  • 『日本芸術のこころ』誠信書房 1965
  • 千葉胤成著作集』全4巻 協同出版 1972

論文編集

脚注編集