千葉胤綱

鎌倉時代前期の武将。鎌倉幕府御家人。千葉氏6代。鎌倉甘縄

千葉 胤綱(ちば たねつな)は、鎌倉時代前期の武将鎌倉幕府御家人千葉氏の第6代当主。第5代当主・千葉成胤の子。鎌倉の甘縄に本拠地を置いた[1]

 
千葉胤綱
時代 鎌倉時代前期
生誕 建久9年10月5日1198年11月5日)?または承元2年10月5日1208年11月14日)?
死没 安貞2年5月28日1228年7月1日
別名 千葉介(通称)
幕府 鎌倉幕府
主君 源実朝藤原頼経
氏族 千葉氏
父母 父:千葉成胤
兄弟 胤綱時胤?、泰胤?
時胤?、泰胤?
テンプレートを表示

略歴編集

建保6年(1218年)、父の跡を継いで当主となる。承久元年(1219年)7月、四代将軍として迎えられた藤原頼経の鎌倉下向に供奉。

承久3年(1221年)の承久の乱では北条泰時と共に東海道を西上し、功を挙げた。戦後、上皇に加担した坊門忠信の身柄を預かり、途中まで連行している。なお、忠信は途中で身柄を釈放されている[1]

安貞2年(1228年)5月28日、21歳で死去し、跡を弟の千葉時胤が継いだとされている(『吾妻鏡』・『千葉大系図』)。

ただし、本土寺過去帳に載せられている「千葉介代々御先祖次第」には、「第四 胤綱 卅一歳、安貞二年戊午五月廿八日」と記されており、また九州千葉氏の子孫に伝えられた『平朝臣徳嶋系図』も享年を31歳とする[2]。更に承久の乱で14歳の若武者が一軍を率いるという年齢的な問題もあることから、享年31を採用して建久9年(1198年)生まれとし、『千葉大系図』では成胤の子(胤綱の弟)とされている時胤・泰胤兄弟を胤綱の実子とする説[2][3]もある。

逸話編集

古今著聞集』によると、年若い胤綱が将軍御所の侍の間で、当時権勢を振るっていた重鎮の三浦義村の上座に座り、義村が「下総犬は臥所を知らぬぞよ」と皮肉ると、胤綱は「三浦犬は友をくらふ也」と切り返し、和田合戦での義村の裏切りを批判したという[4][5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 安田元久編 『鎌倉・室町人名事典』(コンパクト版) 新人物往来社、1990年。 
  2. ^ a b 丸井敬司 『千葉氏と妙見信仰』 岩田書院、2013年、33頁。ISBN 9784872947946 
  3. ^ 千葉県史料研究財団編 『千葉県の歴史 通史編 中世』 千葉県、2007年、130-133頁。 
  4. ^ 佐藤和彦; 谷口榮編 『吾妻鏡事典』 東京堂出版、2007年、255頁。ISBN 978-4-490-10723-4 
  5. ^ 塚本哲三編 『古今著聞集』 有朋堂、1926年、464頁。  NDLJP:1018126/240