メインメニューを開く
国道14号標識
千葉市花見川区での千葉街道(2004年9月17日撮影)

千葉街道(ちばかいどう)は、国道14号(現道)の東京都通称道路名[1]および千葉県道路愛称名[2][3]である。

かつては、船橋成田街道の分岐点から千葉までの街道で、江戸時代には「房総往還」や「上総道」、「江戸道」などとも呼ばれていた。

概要編集

 
千葉街道の道路標識
千葉県市川市「市川広小路」交差点

起点から千葉県千葉市幕張IC間での区間は、国土交通大臣による指定区間外区間であり[注釈 1]東京都千葉県の管理となっている。

東京都通称道路名編集

千葉県道路愛称名編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 「一般国道の指定区間を指定する政令」[4]において括弧書きで指定区間から除外されている。

出典編集

  1. ^ a b 通称道路名設定事業の経緯及び概要 (PDF)”. 東京都 (2013年5月30日). 2014年3月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月29日閲覧。
  2. ^ 道路愛称名”. 千葉県 (2010年12月16日). 2013年4月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月8日閲覧。
  3. ^ a b 千葉街道 (PDF)”. 千葉県. 2011年1月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月8日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2013年6月29日閲覧。

関連項目編集