千葉 進也(ちば しんや、1977年12月5日 - )は、日本の元男子バレーボール選手。神奈川県横浜市出身。ポジションはウイングスパイカー

千葉 進也
Shinya Chiba
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-12-05) 1977年12月5日(39歳)
出身地 神奈川県横浜市
ラテン文字 Shinya Chiba
身長 186cm
体重 80kg
血液型 A型
選手情報
愛称 シンヤ
ポジション WS
指高 235cm
利き手
スパイク 343cm
ブロック 330cm
テンプレートを表示

目次

来歴編集

親の勧めで大道中学1年よりバレーボールを始める。釜利谷高校を経て、順天堂大学を卒業後、2000年堺ブレイザーズへ入団した。

2002年全日本代表に初選出され、2002年世界選手権に出場。堺ブレイザーズでは主将を務めるかたわら、第12回Vリーグで8年ぶりの優勝に貢献するとともに最高殊勲選手賞を受賞し[1]2006年に全日本代表に再選出。2006年世界選手権2007年ワールドカップに出場した。2007年ワールドリーグでは全日本の主将も務めた。

2008年6月25日、グラビアアイドルの番ことみとの結婚を発表[2]。2008/09Vプレミアリーグ 2009年1月31日の東レアローズ戦で、右アキレス腱断裂全治6ヶ月の大怪我を負い[3]、復帰に向けてリハビリに専念していたが、2009年10月末日をもって現役引退、社業専念となった[4]

球歴・受賞歴編集

所属チーム編集

脚注編集

外部リンク編集