千賀ノ浦 喜三郎(ちがのうら きさぶろう、本名:武林 喜三郎(たけばやし きさぶろう、旧姓:番匠)、生年不詳 - 1889年[要出典])は、越前国坂井郡(現福井県坂井市)出身の元大相撲力士。所属は千賀ノ浦部屋から阿武松部屋。最高位は西前頭筆頭。先代からの遺弟子雷電震右エ門大関まで育てる。大関大達の養父。

人物編集

幕内の少ない越前国出身。1858年11月には大関猪王山を倒し、1859年1月にはのちの横綱陣幕と引分。三役には昇進できなかったが幕内を7年務め、大関雲竜に1回勝利、2回引き分け、鬼面山にも勝利した。1866年3月引退。引退後は阿武松の弟子を引き受け大関雷電高砂を育てた。高砂を後継者に考えていたが相撲会所を脱退してしまい、大達を養子分にしている。1888年1月に組長として番付にあり、1889年5月の連名には見えずその頃死去したとみられる。弟子は大達が二枚鑑札で継承した。

略歴編集

主な成績編集

  • 幕内戦績:54勝43敗13分4預32休(16場所)

四股名変遷編集

  • 三国川 喜三郎(みくにがわ きさぶろう)1847年3月場所 - 1854年11月場所?
  • 松ヶ枝 喜三郎(まつがえ -)1855年2月場所? - 1862年11月場所
  • 千賀ノ浦 喜三郎(ちがのうら -)1863年7月場所 - 1866年3月場所(年寄としては1888年5月)

参考文献編集

  • 月刊相撲、1994年7月号「年寄名跡の代々 千賀ノ浦代々の巻」

関連項目編集