半次郎

半次郎』(はんじろう)は、2010年10月9日公開の日本映画

半次郎
監督 五十嵐匠
脚本 丸内敏治
西田直子
出演者 榎木孝明
音楽 吉俣良
主題歌 平原綾香ソルヴェイグの歌
撮影 阪本善尚
編集 川島章正
製作会社 『半次郎』製作委員会
配給 ピーズ・インターナショナル
公開 日本の旗 2010年10月9日
上映時間 121分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

幕末維新(幕末戊辰戦争明治維新西南戦争)で活躍した中村半次郎こと桐野利秋の生涯を描いた大河ロマン映画。監督は『長州ファイブ』の五十嵐匠。クランクイン時の仮題は『半次郎 〜桐野利秋風伝〜』。

主演の榎木孝明は、自ら13年をかけて企画し、監督など主要スタッフの人選や制作費も自ら積極的に働きかけている[1]。ロケは鹿児島を始め熊本や宮崎で約1ヶ月に渡り行われ、薩摩藩士の子孫や地元住民や市にもエキストラや協賛金など多大な後援に支えられた[2]。西南戦争の激戦地であった伊佐市では9月11,12日に先行プレミア上映が開催されている。ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第7位に評価された。

キャッチコピーは「たとえ戦に負けても、犠牲を払うても、捨てちゃならんもんがある。」「オイどんが戦う意味は必ずや誰かに届く」。

ストーリー編集

薩摩の武士である中村半次郎は西郷吉之助に願い出て上京。剣の腕を見込まれまた大らかな人柄から、長州藩士の鮎川小次郎や薩摩藩士の永山弥一郎などが彼に魅了され、また村田屋の娘さとにも想いを通わせる。

戊辰戦争で薩摩軍を幕府軍から勝利を勝ち取り、明治政府の陸軍少将まで上り詰めた(中村半次郎改め)桐野利秋であったが、権力闘争に敗れた西郷隆盛と共に薩摩へと帰郷する。故郷で開墾に励む利秋であったが、政府への不満で暴発する青年たちを見捨てられなかった利秋は新政府に反旗を翻した…。

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌編集

『Greensleeve』のカップリング収録曲。

脚注編集

  1. ^ 大手配給会社から協力を得られない中、自プロダクションを配給元にしてまで映画館と交渉もしたという。『幕末維新の“快男児”演じる』定年時代 2010年9月
  2. ^ 宮崎ロケでは官軍衣装用に不要になった学生服の寄付を募った事もある。『映画「半次郎 ~桐野利秋 風伝~」に係る衣装(学生服)のお願い』宮崎フィルム・コミッション 2009年10月14日

外部リンク編集