メインメニューを開く

半沢 士郎(はんざわ しろう、 1945年6月19日 - )は元プロ野球選手。右投げ右打ち。

半沢 士郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県
生年月日 (1945-06-19) 1945年6月19日(74歳)
身長
体重
181 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1964年
初出場 1964年
最終出場 1967年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

鎌倉学園高では1962年、2年生の時にチームが春の選抜で準々決勝に進出するが、半沢の出場はなかった。同年夏の甲子園神奈川県予選では決勝で慶應と対戦、7回にエースの永田善一(大毎)が打ち込まれ、リリーフとして登板するが3-8で敗れる。1年上のチームメートに竹之内雅史西鉄・太平洋・クラウン阪神)がいた。主戦投手となった翌1963年夏の県予選では、準決勝で井上健仁(東映)、平岡一郎大洋ロッテ)両投手を擁する横浜に4-8で敗退。

1964年国鉄スワローズへ入団、6月2日には初登板初先発の中日戦で初勝利を挙げた。11日の巨人との初顔合わせでは、3回から渋谷誠司のリリーフに立ち、8回を1安打に抑え延長10回サヨナラ勝ち、勝利投手となる。その後も先発陣の一角として起用され、同年は8勝10敗の成績を残す。翌1965年は4月に完投勝利を挙げるが、5月1日に先発した後は肩の痛みに泣き、登板機会がなかった。翌年以降も肩の調子は戻らず1967年限りで退団。

金田正一が「わしより速い」といったほどの直球(ほかにシュートカーブも投げた)と度胸が売りであったが、怪我で開花しなかった悲劇の投手である。退団後はバーを経営していた。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1964 国鉄
サンケイ
34 18 7 2 0 8 10 -- -- .444 684 163.2 142 12 73 2 1 110 2 0 65 56 3.07 1.31
1965 3 2 1 0 0 1 0 -- -- 1.000 52 13.1 7 0 6 0 2 12 0 0 1 1 0.69 0.98
1966 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 19 4.0 6 2 2 0 0 1 0 0 4 4 9.00 2.00
1967 4 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 28 4.2 12 1 3 0 0 3 0 0 6 6 10.8 3.21
通算:4年 44 21 8 2 0 9 10 -- -- .474 783 185.2 167 15 84 2 3 126 2 0 76 67 3.24 1.35
  • 国鉄(国鉄スワローズ)は、1965年途中にサンケイ(サンケイスワローズ)に球団名を変更

背番号編集

  • 33 (1964年 - 1967年)

関連項目編集