メインメニューを開く

半矢(はんや)とは、弓矢鉄砲弾丸が半ば命中している様をいう。

目次

弓道編集

弓道においては、規定数の半分以上がに命中した状態を言う。上達の程度や昇段試験の目安となることがある。

狩猟編集

狩猟において、鳥獣に散弾銃などの弾が命中するも致死状態になっていない状態。クマイノシシシカといった大型鳥獣の場合、手負いの状態となり、無関係の人に被害を及ぼす可能性があることから、確実にとどめ(止め矢)を刺すか、死亡を確認する必要がある。

日本では、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律で定める「捕獲等」に含める解釈がなされている[1]

出典編集

  1. ^ 狩猟読本-法令に関する知識 大日本猟友会2008年p29

関連項目編集