半神』(はんしん)は、萩尾望都による日本漫画作品、および本作品を表題作とする短編集。『プチフラワー』(小学館1984年1月号に掲載された短編作品。

結合双生児を題材とした話を、16ページの短編で描いている。

野田秀樹が主宰する夢の遊眠社により戯曲化・舞台化されている。

あらすじ編集

少女ユージーユーシーは、腰の辺りで身体が繋がった結合双生児である。妹のユーシーは知的障害があって話すこともできないが、美しい容姿を持ち、天衣無縫な笑顔を振りまいて、周りからは天使のようだと可愛がられた。しかし姉のユージーはまったく正反対だった。高い知能を持って健常者と同じように話すことができ、運動機能も問題がないものの、妹の身体に栄養のほとんどを吸われて醜く痩せ細り、髪もろくに生えない。おまけに妹の世話を両親から任され、自由に動きまわることもままならず、唯一の楽しみである勉強ですら妹に邪魔されてしまう。しかもそのあいだ、妹の美しさへの称賛をずっと聞かされ続けなければいけない。ユージーにとって妹は決して離れることができない疫病神であり、自身のコンプレックスの象徴であった。

やがて双子は13歳になり、成長した二人の身体は限界を迎えていた。栄養を作り出せるのはユージーだけだが、彼女の身体は二人分の負担に耐えきれずに衰弱し、もはや歩くこともできなくなっていた。医師より「このままでは二人とも長く生きていられない」「切り離す手術をすれば、君だけは助けることができる」と告げられ、ユージーはついに妹から解き放たれ、自由になることができる機会を得たことを知る。手術後、一人だけの身体になり体力も戻ったユージーは妹に面会する。その姿は見る影もなく醜く痩せこけ、まるで自分自身のようだった。妹は自分で栄養を作り出すことができず、程なく命を終えようとしていたのだ。

そして年月が過ぎ、ユージーは16歳の美しい少女に成長した。前向きでエネルギッシュな彼女は、自分の手で多くの幸せを形にする。しかしそんな満たされた毎日の中で、ふとしたとき鏡の中の自分にかつて嫌っていた妹の姿を見つける。あのとき死んでいったのは自分だったのか。ユージーは妹への憎しみと愛情をかみしめて涙を流す。

単行本・文庫本編集

  • 萩尾望都作品集 第2期 第9巻『半神』 小学館 プチコミックス 1985年3月20日初版発行 ISBN 4-09-178029-6
収録作品 「半神」、「ラーギニー」、「スロー・ダウン」、「酔夢」、「花埋み」、「紅茶の話」、「追憶」、「パリ便り」、「ハーバル・ビューティ」、「遊び玉」、「マリーン」
収録作品 「半神」、「ラーギニー」、「スロー・ダウン」、「酔夢」、「ハーバル・ビューティ」、「偽王」、「温室」、「左ききのイザン」、「真夏の夜の惑星」、「金曜の夜の集会」
  • 萩尾望都Perfect Selection 9(フラワーコミックススペシャル)『半神』 2008年2月26日初版発行 ISBN 4-09-131224-1
収録作品 「半神」、「イグアナの娘」、「天使の擬態」、「学校へ行くクスリ」、「午後の日差し」、「偽王」、「温室」、「マリーン」、「カタルシス」、「帰ってくる子」、「小夜の縫うゆかた」、「友人K」

舞台劇編集

原作者・萩尾と劇作家・野田秀樹の共同脚本の下、1986年、野田が主宰する夢の遊眠社により戯曲化・舞台化された。1988年1990年(ともに夢の遊眠社公演)に再演され、1990年にはエディンバラ国際芸術祭で上演された。その後、1999年(NODA・MAP公演)、さらに2018年7月に再演された[1]

1999年版編集

キャスト(1999年版)編集

2018年版編集

桜井玲香藤間爽子のW主演で、2018年7月に上演[1]

日程(2018年版)編集

キャスト(2018年版)編集

スタッフ(2018年版)編集

  • 原作・脚本:萩尾望都
  • 脚本:野田秀樹
  • 演出:中屋敷法仁

映画編集

1989年、当時ロンドン・インターナショナル・フィルム・スクールに在学中だった佐藤嗣麻子が、卒業制作で『SUZY&LUCY』というタイトルで映像化した[2]。佐藤にとっては初の監督作品。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “萩尾望都原作の舞台「半神」を桜井玲香×藤間爽子で上演、演出は中屋敷法仁”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年5月1日). https://natalie.mu/comic/news/280396 2018年5月1日閲覧。 
  2. ^ 小学館文庫『半神』巻末の佐藤嗣麻子のエッセイ「南の国の鳥を待つ」参照。

外部リンク編集