この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(半角カタカナ)が含まれています詳細

半角カナ(はんかくカナ)、半角片仮名(はんかくかたかな, Halfwidth Katakana)とは、コンピュータで使用される文字集合のひとつで、もっぱらが通常の半分(半角)で表示または印刷される片仮名のことである。

歴史編集

ASCII普及前、大型コンピュータ(メインフレーム)で使われていたEBCDICコードでは、各社ごとに8ビットで表現されるカタカナや日本語の句読点コードを定義していたために、各社間の互換性を欠いていた。

ASCIIには、7ビットで表現される128文字分のエリアにしか文字は定義されておらず、そこに制御文字、ラテン文字数字約物などが配置されている。ASCIIを元に制定された国際規格ISO 646では10文字が各国特有の文字、記号と交換可能であったが、ラテン文字以外で書かれる言語を符号化するには不足していた。

こうした経緯から、日本では、ラテン文字集合とは別に片仮名日本語用の句読点などを収録した片仮名文字集合を規定し、7ビット環境または8ビット環境で運用するJIS X 0201が制定された。規格で規定された符号化方式のうち、広く使われたのは0x20–0x7Eにラテン文字集合、0xA1–0xDFに片仮名文字集合を割り当てた8ビット符号化方式である。コンピュータ漢字を扱うことが困難であった創始期は、この片仮名を用いて日本語でメッセージを表示していた。

後にJIS X 0208が規定され、平仮名、片仮名、漢字など様々な文字が扱えるようになった。それまでのJIS X 0201の資産がそのまま使えるように、JIS X 0208をそのまま使うのではなく、JIS X 0201で空いていた領域にJIS X 0208の文字コードを移動 (Shift) して当てはめるShift_JISが開発された。その際、旧来のコンピュータとの互換性などの問題からJIS X 0208で新たに規定された片仮名(全角片仮名)と、従来のJIS X 0201の片仮名(半角片仮名)は別々の文字として扱われるようになった(呼称については後述)。

全角および半角片仮名の区別が生じた当初は半角片仮名は正式な文字ではなく、互換性のために残された規格上の文字に過ぎないと見なされていた。JIS X 0208:1997『附属書 1(規定)シフト符号化表現』では、「参考 JIS X 0201 の片仮名用図形文字集合の割当ては、この規格の将来の改正では削除することを予定する」と記載されていた。符号化方式によっては半角片仮名が文字集合に含まれておらず、例えば当初は電子メールでは使用できないなどの理由もあり、インターネットの時代では初期には半角片仮名の使用が敬遠されることとなった。

しかしUnicodeが一般的に使用されるようになると、Unicodeが半角片仮名を正式に文字集合として取り入れたこともあり、半角片仮名を敬遠する風潮は薄れていった。JIS X 0213:2000『附属書5(規定)文字の代替名称』では HALFWIDTH KATAKANA が記載されているが、削除予定との記述は取り除かれている。

現代においては通常の片仮名(全角片仮名)の使用が一般的であり、半角片仮名の使用は極めて限定的ではあるが、何らかの理由で半角片仮名が使用されている場面を目にする機会は残っている。

呼称編集

JIS X 0201(もしくはASCII)が使用されていた初期のコンピュータでは描画性能の限界から画面上に表示、または印刷される文字は全て幅が固定のフォントであり、片仮名もラテン文字に合わせて細身の書体で表示されていた。

時代が下ってコンピュータの性能が向上して文字幅が可変長になり、さらにJIS X 0201とJIS X 0208が組み合わせて使われるようになると、JIS X 0208の文字はほぼ正方形で、JIS X 0201の文字は旧来のシステムとの親和性から正方形の半分の幅で表示・印刷されることが一般的になった。そのため、JIS X 0201の文字は「半角文字」、JIS X 0208の文字は「全角文字」、特にJIS X 0201の方の片仮名は「半角カナ」「半角カタカナ」ないしは「半角片仮名」と呼称・表記されるようになった。

もっとも半角・全角は本来字体・フォントの文脈で使われる言葉であり、また一般に文字コードは文字の幅を規定するものではないため、「半角カナ」「半角片仮名」などの呼称は俗称に過ぎなかった(ただし、EUC-JPには文字表示幅の定義が含まれる[1]。Unicodeにも文字幅に関する規定が存在する。東アジアの文字幅を参照すること)。そのため、正確性に問題があることに意識がある場合は「いわゆる半角カナ」といった言い方をされることが多かった。また、Shift_JISではJIS X 0201の片仮名は1バイト、漢字などは2バイトで表されることから「1バイトカナ」と呼ばれることもあったが、文字をあらわすのに必要なバイト数は符号化方式でそれぞれ異なり、JIS X 0201の片仮名を表現するのに、EUC-JPでは2バイト、UTF-16では2バイト、UTF-8では3バイトを要するため、これも必ずしも正しい表現ではなかった。厳密な定義が必要な場合は、その文脈で使われている文字集合によって「JIS X 0201のほうの片仮名」などと呼ぶほかなかった。

しかし更に時代が下ると結局は慣用的に使用されていた「半角カナ」「半角片仮名」などの呼称が定着してしまい、UnicodeJIS X 0213では「Halfwidth Katakana(半角片仮名)」として表記され、これが今日における正式名称となった。

Unicodeでは通常の片仮名は「Fullwidth Katakana(全角片仮名)」という名称で、「Halfwidth Katakana(半角片仮名)」とは異なる文字として登録されている。なお、同様の経緯を辿ってきた文字集合として「Halfwidth Hangul(半角ハングル)」があり、これらは併せて「Halfwidth and Fullwidth Forms(U+FF00–FFEF)」に入っている。

日本語入力システムにおいては、Microsoft WindowsMS-IMEおよびmacOSの日本語入力プログラムでは「半角カタカナ」、Google 日本語入力では「半角カナ」の表記が採用されている。

符号化方式による半角カナの扱い編集

ISO-2022-JP編集

ISO-2022-JP電子メール等で使われる符号化方式であり、エスケープシーケンスによって7ビットの領域に文字集合を指示して運用する。指示可能な文字集合はASCIIJIS X 0201ラテン文字、JIS X 0208-1978およびJIS X 0208-1983であり、JIS X 0201の片仮名は含まれていない。一般に「メールでは半角カナは使えない」と言われたのはこのためであり、半角片仮名が敬遠される理由の一つにもなった。

Shift_JIS編集

Shift_JISは、JIS X 0201の8ビット符号の未使用領域に漢字などの1バイト目を割り当てたエンコーディングであるので、エスケープシーケンスなどを用いず半角カナや漢字を使用できる。MS-DOSが全盛であった頃は、全角文字を使用できない環境との互換性の問題や、データ量や画面表示幅の節約などの面から、2バイト日本語に半角カナが併用されることが頻繁であった。

1バイトJIS X 0201との共存を前提としたため、JIS X 0208文字の1バイト目に使用できる領域が限られた結果、2バイト目に7ビットコードを使用せざるを得なくなり、8ビットを利用した符号化にも関わらず、Shift_JISを理解しない処理系での扱いを難しいものにしてしまった。

EUC-JP編集

日本語EUC (EUC-JP) も8ビット環境を前提とした文字コードだが、JIS X 0208の1文字目にあたるコードは、JIS X 0201を1バイトで表した場合の半角カナ部分に重なるように配置されている。そのため、半角カナに相当する文字を使用する必要がある場合は制御文字SS2(シングルシフト2、0x8E)に続けて使用することになる(このため一見2バイトに見えるが、SS2は文字集合を次の1文字分だけ切り替えるという印のため、片仮名自体はやはり1バイトで符号化される)。この記法によるカナ使用を実装していない処理系も多い。

EUC-JPにおいてJIS X 0208を表すために使用されるコード範囲 (0xA1–0xFE) は、1バイトカナのコード範囲 (0xA1–0xDF) を完全に内包するため、偶数の文字数で書かれたShift_JISの半角カナは、EUC-JP文字列と(頻度やパターンからの推測以外の方法では)区別がつかない。逆に、EUC-JPの半角カナ(1バイト目0x8E、2バイト目0xA1–0xFE)文字列も、Shift_JIS文字列と区別がつかない。これが「半角カナは文字化けする」と言われる理由の1つである。

Unicode(UTF-8, UTF-16など)編集

過去、すでに多くのShift_JIS等の文書で半角カナが使用されており、それらの文書のコード変換において情報が欠損しないようにするために(いわゆるround-trip conversionの保証)、Unicodeには通常 (Fullwidth) の片仮名とは別に半角カナに相当する互換用文字が定義されている。具体的には Halfwidth and Fullwidth Forms[2] の中に Halfwidth CJK punctuation (U+FF61–FF64) と Halfwidth Katakana variants (U+FF65–FF9F) が含まれている。あくまで過去の文章との互換性を保つためとはいえ、半角カナ、文字コード間の対応が保証されたことにより、将来のシステムで半角カナが非サポートとなるような事態はまず無くなったと考えてよい。

インターネットにおける半角カナ編集

電子メール編集

電子メールを配送するSMTPというプロトコルは7ビットのみを透過し、8ビット目をゼロにする仕様であるため、日本ではJUNET時代に7ビットのみを用いることがルール化された。これは後にRFC 1468として文書化され、ISO-2022-JPという名称になった。

前述の通りISO-2022-JPには半角カナが含まれないため、メッセージ中に半角カナを含むことはできない。ソフトウェアによっては誤ってメッセージ中に半角カナが含まれていた場合に、8ビットコードのまま送信したり、エスケープシーケンスを用いたり、Quoted-printableなどでエンコードし7ビット化して送信するソフトウェアが存在した。後者の場合には、対応したソフト同士であれば問題なく表示が出来るが、違うソフト同士や8ビットで送信された場合は正しく表示されないため、「半角カナを使うと文字化けする」と言われるようになった。ここから、ネット上の文章からの半角カナ撲滅を唱えるような急進的な意見が出現した。また、当初Windowsに付属していたメールソフトが、SI(シフトイン)とSO(シフトアウト)を使用した勝手な符号化方法を使用して、他のメールソフトとの互換性をなくしていたこともその意見を強めさせた。その後、Windowsのメールソフトも、他のメールソフトと同じ符号化方法になったが、「いわゆる半角カナの利用は本来廃止すべきなので、あえて対応しない」という理由により、半角カナを実装していないメールソフトも多かった。

その後、以下の事項などの変化により、Shift_JISBase64でエンコードすることなどで、半角カナを正当な方法で送受信でき、半角カナの使用により問題が発生することは減っている。

  • メールサーバの多くがSMTPを拡張し8ビットコードも扱えるようになったESMTPに対応した
  • メッセージ中に文字コードやエンコード方式の情報を明記できるようになった (MIME)
  • Unicodeの普及

なお、携帯電話IP接続サービスiモードなど)の電子メールでは、携帯電話網とインターネットとの接続部分(ゲートウェイ)にて、半角カタカナから全角カタカナへの変換が行われていた。

World Wide Web編集

転送プロトコルであるHTTPにはSMTPのように8ビットコードを扱えないという問題は存在しない。文書を記述するHTMLについては、Shift_JISやEUC-JP、Unicodeなど半角カナを扱える文字コードであれば、そのまま半角カナを使用できる。

電子掲示板に半角カナを書き込んでも、ほとんどの場合、文字化けしない。ただし、半角カナを使用した場合、前述したようにShift_JISとEUC-JPを区別することが難しいため、ブラウザCGIなどで文字コードの自動認識に失敗する事が多いという問題がある。また、半角カナを表示不能な端末もある。

文字コードの自動認識は完全たり得ない為、HTTPレスポンスヘッダやMETA要素で文字コード情報のオプションパラメータを指定する場合もある。また、HTMLのフォームでは、漢字を含むあらかじめ決められた文字列をhiddenフィールドなどを経由しクライアントから送信させるなど、自動認識に依存せずに送信コードを判別する手法も用いられている。このような確実な対応があれば、文字コード誤認の問題は発生しない。

インターネットバンキングでは全国銀行データ通信システム互換性上、振込などでの口座名義は片仮名での入力が基本である。もっとも入力インターフェース上では全角片仮名での入力が可能(システムで半角片仮名のデータに変換される)なことが大半ではあるが、一部には直接片仮名半角カナでの入力を求めるシステムも存在する。

半角カナが使用されるケース編集

 
メニューおよびテキストの片仮名部分に半角カナを使用したフィーチャー・フォン

現在でもJIS X 0201しか扱えない機器・端末などでは、日本語を表現する手段として半角カナが使用されている。またソフトウェアやデータの互換性を保つ目的で使用している場合もある。

パーソナルコンピュータの分野では、一般的なフォントでは幅が狭く表示されることから、特にMicrosoft Windowsでは初期にメニュー部などで少ない面積でユーザーに情報を与える必要のある場面によく利用されていた。その後、日本語のWindows環境では平仮名・(全角の)片仮名を細身にしたフォント (MS UI Gothicおよび Meiryo UI) が標準で使用されるようになり、現在では半角カナをメニューに用いる必要は無くなっている。

携帯電話の分野では、特にフィーチャー・フォンの時代において、画面が小さく表示情報量に制約が大きいこと、当時一般的であったShift_JISの文字コードでは全角片仮名よりもデータ容量が減少するなどの特徴から、パーソナルコンピュータと同じくメニュー部や、ウェブページ上のテキストなどにおいて積極的に利用された。もっとも、スマートフォンが普及する頃になると、表示情報量の制約は少なくなった上、Shift_JISに代わって一般的となったUTF-8の文字コードではデータ容量が減少するというメリットが存在しないことなどから半角片仮名の使用は廃れている。

金融機関のシステムにコンピュータが導入された当時は高速なコンピュータもネットワーク網もない時代で、日本のコンピュータ全体が、情報量が少なくて済む1バイトの半角カタカナを使っていた。故に、銀行のシステムも半角カタカナで統一され、全国の金融機関に定着していった。後に、コンピュータの進化とともに全角文字が使えるようになったものの、一度莫大な資金を投入して出来上がったシステムは簡単に変更出来ず、現在もシステムが未熟な金融機関に合わせ、共通する形式は半角カタカナのままであるケースが多い。

インターネットコミュニティにおいては現代においても、全角片仮名との視覚的な差異からアスキーアートを作成するために用いられたり、インターネットスラングにおいて通常の片仮名とは異なったニュアンスを伝えるために使用されることがある。

半角カナ一覧編集

Shift_JIS編集

上位4ビット
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F


4


0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
A
B
C
D
E
F ソ

緑色で塗りつぶした範囲 (0xA1–0xDF) が半角カナの領域、黄色で塗りつぶした範囲 (0x00–0x7F) は7ビットで表現できる領域、ピンクで塗りつぶした範囲 (0x81–0x9F, 0xE0–0xFC) はShift_JISの1バイト目として使用される領域である。"・「」、。ー"の6記号の半角版も半角カナの領域となっている。(0xA1–0xA5, 0xB0)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本語 EUC の定義と解説, Revision 1.7, UI-OSF-USLP 共同技術資料(1991年12月10日).
  2. ^ Halfwidth and Fullwidth Forms

関連項目編集