メインメニューを開く
海の司教。1531年にバルト海にて捕獲とある。

半魚人(はんぎょじん)とは、ヒト魚類の中間的な身体をもつ、伝説の生物

概要編集

半魚人は、体の一部が魚で残りの部分が人間という特徴を持つ半獣人の一種である[1]。英語ではマーフォーク(marfolk)といい、男性の場合マーマン(merman)、女性の場合はマーメイド(marmaid)と称される。マー(mar)とはラテン語のマル(海、mare)を指す[1]

半魚人の図像や伝承は古代から世界各地に見られるが、体を構成する人と魚の比率は様々である[1]。 上半身が人、下半身が魚の姿(=人の脚がない)のものは人魚と呼ぶのが普通である。近年の創作作品の中では、「手足に鰭や水かきがあり、全身が鱗で覆われ、頭部が魚で、言葉を話す人間のような生物」といった描写が、ステレオ的に用いられている[注釈 1]。二腕二脚だが、エラを持つなどの特徴があるものは水棲人(すいせいじん)とも呼ばれる。

バリエーション編集

イプピアーラ(Ipupiara)編集

グアラニー族の民間伝承に登場する妖怪。獰猛で、むさぼり喰うために人を殺す男性型の水の精(オーメン・ダグア)[2]半魚人説と人魚説がある[注釈 2]

海の司教(Sea bishop)編集

西ヨーロッパの伝説。画像にあるとおり「鱗の生えた人間」の姿をしている。 普段は海中に棲んでいるが、時折、人間たちに捕らえられることがあるという。捕らえられた「海の司教」は、「言葉を理解する事はできないが、地上で暮らすことはできる」とされる。詳細は 海の司教の項目参照。

ダゴン(ダガン)編集

ユーフラテス河中流域に起源をもつ 神。魚の頭部と人の体(あるいは魚の尾と人の体)を持つ。ただし、神話のうちダゴンに関する部分は失われているため、詳しいことはわからない。 詳細はダゴンの項目参照[3] [4]旧約聖書イスラエルと敵対するペリシテ人の信仰する神として語られていることから、キリスト教圏では海の怪物としてイメージされる事が多い[1]

オアンネス編集

バビロニアのオアンネスに関して、現存する最古の文献はBC3世紀の『バビロニア誌』(ベロッソス著)である。昼間海から上がり、人間たちに各種の文化を教えたという[5]。シュメールのエンキ、アッカドのエアと同一視される[6]。文献によっては別名としてダゴンを挙げる[7]

魚のアプカルル(英Fish-Apkallu)編集

神話のなかでは、アプカルルは古の賢聖であり、人々に知恵を授けたとされている。アプカルルはj上半身は人間、下半身が魚の姿をしており[1]、その彫像は守護精霊として7体セットで用いられた。オアンネスの神話がもとになっているとされる[8]

中国の半魚人編集

中国の古典博物誌『山海経』には、体は魚で頭部と手足が人間の「陵魚」など、複数の人面魚体の半魚人が記録されている[1]。また、東晋時代に書かれた『捜神記』には、南方の海に棲む「鮫人」の記録がある。鮫人は機を織って暮らし、泣くと涙が珠になったという。同時代に書かれた『博物志中国語版』には、鮫人と人間との間の報恩譚が記されている[1]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 一例としてギレルモ・デル・トロ[監督]; シェイプ・オブ・ウォーター. Twentieth Century Fox. 2018
  2. ^ サンパウロのイプピアーラ公園に設置されているイプピアーラの像は下半身が魚である

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 秋道智彌『魚と人の文明論』 臨川書店 2017 ISBN 978-4-653-04118-4 pp.205-217.
  2. ^ 福嶋伸洋「熱帯雨林の人魚イアーラの図像学──『オデュッセイア』、『ウズ・ルジアダス』から『マクナイーマ』へ」『和田忠彦還暦記念論集』、双文社印刷、2012年、 171頁。
  3. ^ 朱鷺田祐介『海の神話』新紀元社、2006年、122頁。ISBN 4-7753-0494-1
  4. ^ 池上正太『オリエントの神々』新紀元社、2006年、140頁。ISBN 4-7753-0408-9
  5. ^ 澁澤龍彦『幻想博物誌』河出書房新社(for Google Play)、1983年。
  6. ^ 朱鷺田祐介『海の神話』新紀元社、2006年、124頁。ISBN 4-7753-0494-1
  7. ^ 『世界の妖怪大百科:本当にいる妖怪が大集合』学研教育出版[編]、学研教育出版、2014年、133頁。
  8. ^ 朱鷺田祐介『海の神話』新紀元社(for Google Play)、2006年。

関連項目編集