卓 茂(たく も、? - 28年)は、中国前漢時代末期から後漢時代初期にかけての政治家。字は子康荊州南陽郡宛県(河南省南陽市)の人。父祖は皆郡守であった。後、光武帝の功臣団「雲台二十八将」と並び洛陽南宮の雲台で顕彰されたため、「雲台三十二将」のひとりと称されることもある。

事跡編集

姓名 卓茂
時代 前漢時代 - 後漢時代
生没年 生年不詳 - 28年建武4年)
字・別号 子康(字)
本貫・出身地等 荊州南陽郡宛県
職官 丞相府吏〔前漢〕

→給事黄門侍郎〔前漢〕
→密県令〔前漢〕→京部丞〔前漢〕
→門下掾祭酒〔前漢→新?〕
→侍中祭酒〔更始〕→太傅〔後漢〕 

爵位・号等 -
陣営・所属等 成帝哀帝平帝孺子嬰

更始帝光武帝

家族・一族 子:卓戎 卓崇

前漢の元帝の代に長安に遊学し、博士江生に師事して『』、『』、算法、暦象を学び、師の技術を極め、通儒と称された。人柄は、寛仁にして恭愛であり、郷里の旧友たちは皆卓茂を敬愛し、慕ったという。

最初は、丞相府の吏となり、孔光に仕えた。後に儒術を評価されて給事黄門侍郎となり、さらに密県(河南尹)の令に遷った。心を尽くして勤務に取り組み、人を見ること我が子のごとく、善行を取り上げて教化し、悪口を口にすることが無かったため、官民は卓茂を親愛し、これを欺くに忍びなかったという。平帝の代に、河南尹では蝗の害に遭ったが、卓茂が治める密県はそれを免れた。

前漢末期に王莽大司農に六部丞を置き農業・養蚕業を振興させると、卓茂はこれに伴い京部丞に遷った。密の人民は、老人から子供まで、卓茂を泣いて見送ったという。居摂年間に、病により免ぜられて南陽郡に帰り、門下掾祭酒となったが、官吏の職務を行おうとはしなかった。

更始帝が即位すると、侍中祭酒として登用され、更始帝に従って長安入りしたが、老年により骸骨を乞うて帰郷した。

光武帝は、即位すると直ちに卓茂を訪問しようとしたため、卓茂も河陽県(河内郡)まで詣でてその謁見を賜った。卓茂は時に70余歳だったという。光武帝は卓茂を太傅に任じ、食邑2,000戸等を下賜した。卓茂の長男の卓戎は太中大夫となり、次男の卓崇は給事黄門中郎に任ぜられた。

建武4年(28年)、死去。次男の卓崇が継ぎ、後に大司農まで昇進した。

参考文献編集

関連記事編集