メインメニューを開く

南串山町

日本の長崎県南高来郡にあった町

南串山町(みなみくしやまちょう)は、長崎県島原半島にあった南高来郡に属した。

みなみくしやまちょう
南串山町
廃止日 2005年10月11日
廃止理由 新設合併・市制施行
南串山町国見町瑞穂町吾妻町愛野町千々石町小浜町雲仙市
現在の自治体 雲仙市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
南高来郡
団体コード 42368-8
面積 14.84km2
総人口 4,471
(国勢調査、2005年10月1日)
隣接自治体 南高来郡小浜町北有馬町加津佐町
町の木 くす
町の花 百合
南串山町役場
所在地 854-0703
長崎県南高来郡南串山町丙10538番地4号
外部リンク 南串山町(アーカイブ版)
座標 東経130度8分
北緯32度40分
 表示 ウィキプロジェクト

2005年10月11日に周辺6町と新設合併し、雲仙市として市制を施行したため、自治体としては消滅した。

現在の雲仙市内における南串山町の地域にあたり、旧町役場は南串山総合支所として業務が行われている。

目次

地理編集

島原半島の南西部に位置し、橘湾に面する。

  • 山:彦山
  • 島嶼:児島
  • 半島:国崎半島[1]
  • 河川:境川、川内川、鬼塚川、水ノ浦川、小津波見(こつばみ)川
  • 港湾:京泊漁港、中ノ場漁港

歴史編集

1652年承応元年)、高来郡串山村が北串山村[2]と南串山村に分割されて以来、他村との合併もないまま自治体となり、その後も116年間他の自治体と合併することなく推移した。

沿革編集

地域編集

地名編集

を行政区域とする。南串山町は1889年の町村制施行時に単独で自治体として発足したため、大字は無し。(発足当初は南串山村)
なお、南串山町では名の名称を十干に置き換えて表記する。

  • 甲 / 荒牧名
  • 乙 / 尾登名(おのぼり)
  • 丙 / 京泊名

行政編集

  • 町長 : 松本安男(最終代)

教育編集

小・中学校編集

  • 南串山町立南串中学校
  • 南串山町立第一小学校
    • 諏訪の池分校(休校中)
  • 南串山町立第二小学校

いずれも合併により南串山町立から雲仙市立となった。

特別支援学校編集

交通編集

バス路線編集

一般路線バス編集

道路編集

一般国道編集

産業編集

農業および漁業を主産業とする。農業においては戦前には百合根の生産量が国内最大であったが、戦後に衰退。現在はジャガイモレタスカボチャタマネギなどが生産されている。漁業においてはいわし煮干製造が盛んである。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

名所・旧跡・観光スポット編集

  • キリシタン墓碑[3]
  • 国崎半島自然公園

祭事・催事編集

  • 八幡神社大祭 : 10月

出身・ゆかりのある人物編集

衆議院議長松永東の養子。文部大臣、通産大臣、大蔵大臣などを歴任した。

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大分県にある国東半島と読み方が同じため、間違われやすい。
  2. ^ 1955年(昭和30年)に小浜町と合併し消滅。
  3. ^ 南串山町のキリシタン墓碑(3基) 長崎県の文化財

関連項目編集

外部リンク編集