南 利明(みなみ としあき、1945年12月15日 - )は、日本の法学者。専門は法哲学静岡大学情報学部情報社会学科名誉教授。

第二次大戦以後の再生自然法思想、特に大戦後の自然法概念再評価のきっかけとなったナチス・ドイツに注目して、関連する論考を発表している。

学歴編集

経歴編集

  • 1972年 - 静岡大学教養部講師
  • 1976年 - 静岡大学教養部助教授
  • 1992年 - 静岡大学教養部教授
  • 1995年 - 静岡大学情報学部教授
  • 2004年から2007年までは情報学部学部長を兼任。
  • 2011年 - 静岡大学名誉教授

著書編集

主要論文編集

  • 南利明 「民族共同体と指導者 : 憲法体制」『静岡大学法政研究』第7巻第2号、静岡大学人文学部、2002年、 123-183頁、 doi:10.14945/00003572NAID 110000579739
  • 南利明 「指導者‐国家‐憲法体制の構成」『静岡大学法政研究』第7巻第3号、静岡大学人文学部、2003年、 1-27頁、 doi:10.14945/00003574NAID 110000579742
  • 南利明 「指導者-国家-憲法体制における立法(一)」『静岡大学法政研究』第8巻第1号、静岡大学人文学部、2003年10月、 69-129頁、 doi:10.14945/00003575NAID 110007522689
  • 南利明 「指導者-国家-憲法体制における立法(2)」『静岡大学法政研究』第8巻第2号、静岡大学人文学部、2003年10月、 151-174頁、 doi:10.14945/00003576NAID 110000579747
  • 南利明 「指導者-国家-憲法体制における立法(三)」『静岡大学法政研究』第8巻3-4、静岡大学人文学部、2003年10月、 197-244頁、 doi:10.14945/00003577NAID 110001022053
  • 南利明「民族共同体と法(二) : NATIONALSOZIALISMUSあるいは「法」なき支配体制」『静岡大学法経研究』第24巻第2号、静岡大学法経学会、1988年、 199-223頁、 doi:10.14945/00003567NAID 110007616176
  • 南利明「民族共同体と法(三) : NATIONALSOZIALISMUSあるいは「法」なき支配体制」『静岡大学法経研究』第38巻1-2、静岡大学法経学会、1989年、 249-283頁、 doi:10.14945/00003566NAID 110007615716
  • 南利明「民族共同体と法(四) : NATIONALSOZIALISMUSあるいは「法」なき支配体制」『静岡大学法経研究』第39巻第1号、静岡大学法経学会、1990年、 111-126頁、 NAID 110007616176