メインメニューを開く
日本 > 神奈川県 > 川崎市 > 幸区 > 南加瀬

南加瀬(みなみかせ)は、神奈川県川崎市幸区町名。現行行政地名は南加瀬一丁目から南加瀬五丁目。住居表示実施済み区域[5]郵便番号は212-0055[3]

南加瀬
南加瀬の位置(神奈川県内)
南加瀬
南加瀬
南加瀬の位置
北緯35度32分45.02秒 東経139度39分44.12秒 / 北緯35.5458389度 東経139.6622556度 / 35.5458389; 139.6622556
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 川崎市
幸区
面積
 • 合計 1.34km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 19,615人
 • 密度 15,000/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
212-0055[3]
市外局番 044 (川崎MA)[4]
ナンバープレート 川崎

目次

地理編集

川崎市幸区西部に位置し、北加瀬矢上小倉鶴見川を跨いで横浜市鶴見区駒岡上末吉矢上川を跨いで横浜市港北区日吉と隣接する。幸区日吉出張所管区の中心的役割を果たしている。主に住宅地として利用されるが農地及び工業用地も混在する。南加瀬は、越路、夢見ヶ崎、中央、原、江川及び辻の六町内会から成り、これらの町界は行政上の丁目とは境界が異なる。町域内に加瀬山(標高約35m[6]、一部敷地は北加瀬)、夢見ヶ崎動物公園があり、南に神奈川県立三ツ池公園を、北は武蔵小杉方面を望むことができる。なお加瀬山周辺は急傾斜地崩壊危険区域に指定されている[7]

河川編集

かつては小倉との境界付近に小倉用水があったが、現在は暗渠化されている。

地価編集

住宅地の地価は2017年平成29年)1月1日公示地価によれば南加瀬5-31-24の地点で25万4000円/m²となっている。

歴史編集

加瀬山には夢見ヶ崎古墳群(加瀬台古墳群)や、南加瀬貝塚などの遺跡が何箇所か存在する[6]。また、室町時代には太田道灌によってここに築城する計画があったが、「一羽の白い鷲が私の兜を掴んで南西の地へ持っていってしまった」という悪夢のために築城をやめたという伝説がある[8]。夢見ヶ崎の名は現在の南加瀬の一部を指す地名と商店街、少年野球のチーム名として残っている。

沿革編集

  • 1889年 橘樹郡南加瀬村が鹿島田村小倉村矢上村、駒林村、駒ケ橋村、箕輪村と合併して日吉村が成立。その大字となる。
  • 1937年 日吉村が横浜市川崎市に分割編入される。大字南加瀬の大部分は川崎市に編入されたが、横浜市に編入された部分(字越路・新田・土腐・榎戸の矢上川以西)は神奈川区日吉町の一部となる。(現在の港北区日吉五丁目及び日吉六丁目の各一部。)
  • 1972年4月1日 川崎市が政令指定都市に昇格し、新設された幸区の大字となる。
  • 1972年 夢見ヶ崎動物公園開園
  • 1975年2月15日 横浜市港北区日吉町字新川向の一部を編入(現在の南加瀬五丁目38番付近[9][10]。元々は横浜市鶴見区[11]駒岡町[要出典]字新川向の一部で、河川の改修によって飛地になっていた。)
  • 1985年 住居表示が実施され、大字南加瀬を廃して新たに南加瀬1 - 5丁目の五町が設置される。
    • 南加瀬1丁目 字夢見ヶ崎・仲山・東町・池附の各一部
    • 南加瀬2丁目 字五反町及び仲山・東町・砂場・越路の各一部
    • 南加瀬3丁目 字池附・中町・原町・江川・下ノ町の各一部
    • 南加瀬4丁目 字越路・砂場・新田・土腐・江川・下ノ町の各一部、矢上字三軒家、及び字袋河岸
    • 南加瀬5丁目 字岩瀬堤・辻及び榎戸・原町・下ノ町の各一部

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
南加瀬一丁目 1,122世帯 2,366人
南加瀬二丁目 1,496世帯 3,180人
南加瀬三丁目 1,960世帯 4,160人
南加瀬四丁目 2,648世帯 5,718人
南加瀬五丁目 1,939世帯 4,191人
9,165世帯 19,615人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[12][13]

丁目 番地 小学校 中学校
南加瀬一丁目 全域 川崎市立夢見ヶ崎小学校 川崎市立南加瀬中学校
南加瀬二丁目 全域
南加瀬三丁目 1~6番4号、6番28号~8番
12番1~11号・31号~最終号
13番1~12号・30号~最終号
14~19番、20番1~6号
その他 川崎市立南加瀬小学校
南加瀬四丁目 1~6番、11〜12番 川崎市立夢見ヶ崎小学校
その他 川崎市立南加瀬小学校
南加瀬五丁目 全域

交通編集

鉄道編集

町域内に駅が存在せず、新川崎駅鹿島田駅矢向駅元住吉駅日吉駅綱島駅が最寄駅となる。駅にもよるが概ね徒歩 15 - 30分程度かかる。

バス編集

川崎市バス臨港バス東急バスが乗り入れている。川崎駅西口(市バス・臨港)、元住吉(臨港)、元住吉経由井田病院・蟹ヶ谷・新城駅(市バス)、横須賀線小杉駅(市バス・臨港)、新川崎駅(市バス)、新川崎交通広場(臨港・東急)、鶴見駅西口(臨港)ならびに日吉駅東口(東急・臨港)と綱島駅(東急)に向けて運行されている。主に川崎駅行きと元住吉駅方面行きは本数が多い。

中心となる停留所は臨港バス・市バスの「江川町」である(当停留所着発の路線を含め、各方面への路線が出ている)。幸区日吉合同庁舎へは「夢見ヶ崎動物公園前」が最寄りとなる。なお現在「南加瀬」というバス停は存在しない(以前は臨港バスと東急バスにそれぞれ存在していた。臨港バスは「南加瀬原町」の近所に所在していたが1970年ごろに廃止され[14]、東急バスの方は「樋橋」に改称された)。

臨港バス
川53川54川56、川57川61川69元02杉51、杉52日95鶴04系統が乗り入れている。
川崎市バス
川63、川64、川66、川67川83系統が乗り入れている。
東急バス
日93、日94日95系統が乗り入れている。

道路編集

施設編集

参考文献編集

  • 日本地名研究所 編『川崎の町名』川崎市、1991年。
  • 日本地名研究所 編『川崎地名辞典(上)』川崎市、2004年。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)”. 川崎市 (2015年10月26日). 2018年2月15日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). 2018年2月15日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月15日閲覧。
  5. ^ 区別町名一覧表”. 川崎市. 2018年2月15日閲覧。
  6. ^ a b 川崎市幸区日吉分館ホームページ・加瀬山
  7. ^ 川崎市ホームページ内・急傾斜地崩壊危険区域指定箇所一覧
  8. ^ 川崎市幸区日吉分館ホームページ・春の夢見ヶ崎動物公園
  9. ^ 町界町名の改正について”. 川崎市 (2013年12月9日). 2017年6月26日閲覧。
  10. ^ 国土地理院 1:2500 国土基本図 9-LD-76-1 1962年(昭和37年)作成
  11. ^ 『川崎市中原地区明細地図 昭和33年度版』経済地図社、1958年。
  12. ^ 川崎市立小学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  13. ^ 川崎市立中学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  14. ^ 『臨港バス50年のあゆみ』川崎鶴見臨港バス、1988年、144頁。

関連項目編集

外部リンク編集