メインメニューを開く

南化玄興(なんかげんこう、1538年天文7年) - 1604年6月17日慶長9年5月20日))は、室町時代臨済宗。南化宗興とも。別号に虚白。快川紹喜の法嗣で妙心寺58世を務め、同時代の多くの戦国武将の帰依を受けた。

美濃国に生まれる。妙心寺史によれば土岐氏の出身であるが、新版禅宗大辞典は俗性を一柳とする。邦叔宗禎により得度し、その後快川紹喜の元で印可を得て、暫くは師とともに甲斐国恵林寺にあった。

天正元年(1573年)妙心寺58世住持となる。天正4年(1576年)に稲葉良通を開基としてその居城の近くにその母の菩提寺として建てられた華渓寺の開山となった。その後美濃国瑞龍寺に住したのち、尾張国妙興寺の中興となる。豊臣鶴松の守役、石川光重が南化玄興に帰依していた縁により豊臣鶴松の菩提寺翔雲寺の開山となる。江戸時代には南化玄興に帰依していた多くの大名が開基となり、妙心寺の大通院、隣華院の2つの塔頭の開山となった。

慶長9年5月20日(1604年6月17日)、隣華院で示寂。

後陽成天皇の帰依も厚く、定慧円明国師と諡された。著書に虚白集があり法嗣には単伝士印(妙心寺智勝院開山)、湖南宗岳(揖斐川町月桂院臼杵市月桂寺開山)、三江招益(高台寺中興開山)、泰雲宗峻、龍雲宗珠、禹門玄級(久留米市梅林寺開山)、鼇山景存らがいた。

参考資料編集

  • 『新版禅学大辞典』
  • 『妙心寺史』