南口繁一

日本の将棋棋士

南口 繁一(みなみぐち しげかず、1918年大正7年〉9月4日 - 1995年平成7年〉9月20日)は、将棋棋士京都府相楽郡木津町(現・木津川市)出身。A級在籍2期。日本将棋連盟理事村上真一八段門下。

 南口繁一 九段
名前 南口繁一
生年月日 (1918-09-04) 1918年9月4日
没年月日 (1995-09-20) 1995年9月20日(77歳没)
プロ入り年月日 1944年1月1日(25歳)[注 1]
引退年月日 1985年4月(66歳)
棋士番号 37
出身地 京都府相楽郡木津町(現・木津川市
所属 将棋大成会
日本将棋連盟(関西)
師匠 村上真一八段
弟子 滝誠一郎森信雄
段位 九段
棋士DB 南口繁一
順位戦最高クラス A級(2期)
2017年8月22日現在
テンプレートを表示

経歴

編集

1933年、初段で村上真一八段に入門。1935年の関西奨励会創設にあたって二段で参加[3]。創設時の奨励会には他に大山康晴(1935年当時6級)などがいた。

大山は南口に飛車落ちで指してもらい、勝ったとはいえ大苦戦したため、「初段は強いなと子供心に思った」という[要出典]

軍隊に行ったためブランクがあったが、1944年四段、1950年八段。1951年度の第2期九段戦で大山に挑戦するが3連敗で敗退。1984年九段、1985年4月引退。

京都新聞の将棋欄を長く担当し、京都棋界の中心的存在として普及に尽力した。1995年敗血症のため77歳で死去。偶然にも、中京棋界の中心だった板谷四郎九段が亡くなる1週間前であった。

弟子

編集

棋士となった弟子

編集
名前 四段昇段日 段位、主な活躍
滝誠一郎 1968年10月1日 八段
森信雄 1976年4月5日 七段、一般棋戦優勝1回

村山聖をはじめとする森門下の棋士及び阿久津主税(滝の弟子)は孫弟子にあたる。

加藤一二三も入門当初は南口門下であったが、1998年に自ら申し出て、剱持松二門下に変わっており、現在の加藤一二三の公式プロフィールから南口の名は消えている。

また、伊藤果も関西奨励会に入会した当初は南口門下だったが、その後関東奨励会に移籍した際に高柳敏夫門下に変更している。そのため伊藤の公式プロフィールにも加藤の公式プロフィール同様南口の名はない。

昇段履歴

編集
  • 1933年 初段
  • 1944年1月1日 四段
  • 1947年 五段
  • 1949年 七段(特進)
  • 1950年 八段
  • 1985年 引退
  • 1989年 九段

主な成績

編集
  • タイトル戦登場1回(1951年度-第2期九段戦)

在籍クラス

編集
順位戦・竜王戦の在籍クラスの年別一覧
開始
年度
(出典)順位戦 (出典)竜王戦
名人 A級 B級 C級 0 竜王 1組 2組 3組 4組 5組 6組 決勝
T
1組 2組 1組 2組
1946 1 四・五段戦22位
1947 2 C級26位
1948 3 B級
1949 4 B級
1950 5 A 10
1951 6 B級3位
1952 7 B105
1953 8 A 09
1954 9 B101
1955 10 B202
1956 11 B206
1957 12 B210
1958 13 B207
1959 14 B208
1960 15 B208
1961 16 B207
1962 17 B209
1963 18 B207
1964 19 B210
1965 20 B218
1966 21 C102
1967 22 C103
1968 23 C114
1969 24 C110
1970 25 C112
1971 26 C107
1972 27 C108
1973 28 C111
1974 29 C119
1975 30 C201
1976 主催者移行問題により中止
1977 36 C226
1978 37 C229
1979 38 C216
1980 39 C230
1981 40 C222
1982 41 C224
1983 42 C232
1984 43 C239
順位戦、竜王戦の 枠表記 は挑戦者。右欄の数字は勝-敗(番勝負/PO含まず)。
順位戦の右数字はクラス内順位 ( x当期降級点 / *累積降級点 / +降級点消去 )
順位戦の「F編」はフリークラス編入 /「F宣」は宣言によるフリークラス転出。
竜王戦の 太字 はランキング戦優勝、竜王戦の 組(添字) は棋士以外の枠での出場。

関連項目

編集

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ ここでは便宜上、四段昇段日をプロ入り日として扱うが、南口のプロ入り当時は初段昇段時から専門棋士として扱われていたとされる。昭和9年(1934年)に大阪で升田幸三が初段になった頃までは、「初段からが専門棋士」だった[1]。その頃、奨励会ができた(東京は昭和3年(1928年)、大阪は昭和10年(1935年))ことをきっかけに、「(奨励会を卒業して)四段からプロ棋士」という制度が確立されていった[2]

出典

編集
  1. ^ 東公平『升田幸三物語』(日本将棋連盟)P.36
  2. ^ 加藤治郎原田泰夫田辺忠幸『証言・昭和将棋史』(毎日コミュニケーションズ)P.10、P.215-220
  3. ^ 加藤治郎 監修 『[写真でつづる]将棋昭和史』 毎日コミュニケーションズ P.26

外部リンク

編集