メインメニューを開く

南吹田駅

日本の大阪府吹田市にある西日本旅客鉄道の駅

南吹田駅(みなみすいたえき)は、大阪府吹田市南吹田2丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)おおさか東線である[1]。駅番号はJR-F03。なお、当駅は大阪市外に所在するものの、運賃計算の特例として特定都区市内における「大阪市内」の駅となった[2]。当駅前後の軌道は城東貨物線の転用でなく、新大阪駅へ接続するため新たに建設されている。

南吹田駅
駅舎(2019年3月24日撮影)
駅舎(2019年3月24日撮影)
みなみすいた
Minami-Suita
JR-F02 新大阪 (2.0km)
(1.3km) JR淡路 JR-F04
所在地 大阪府吹田市南吹田2丁目3-50
駅番号 JR-F03
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
大阪外環状鉄道
所属路線 F おおさか東線
キロ程 2.0km(新大阪起点)
電報略号 ニタ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
開業年月日 2019年平成31年)3月16日
備考 業務委託駅
阪 大阪市内
テンプレートを表示

歴史編集

  • 2018年平成30年)7月24日:駅名を決定。仮称は「西吹田駅」であったが、駅の所在地名が南吹田であることと、吹田市の最南端部に位置することから、「南吹田駅」に決定した[1]
  • 2019年(平成31年)3月16日:おおさか東線全線開通に伴い開業[1][3]。吹田市内の駅においては15番目の開業となった。

駅構造編集

 
新大阪方面ホーム(右側)
 
改札

相対式ホーム2面2線の高架駅で、8両編成対応。上屋は6両分。各ホームにエレベーターが1基、エスカレーターは各ホーム2基ずつ(上下)の計4基が設置されている[1]

新大阪駅が管理するJR西日本交通サービスによる業務委託駅であり、一部時間帯は無人となる。そのため改札機・券売機・精算機付近にはインターホンがあり、無人時間帯はコールセンターのオペレーターが対応し各種機器を遠隔制御している。

駅のデザインコンセプトは「神崎川と水路の風景」としている[4]

みどりの窓口は設置されず、みどりの券売機が設置されている。

のりば編集

のりば 路線 行先
1 F おおさか東線 新大阪方面
2 放出久宝寺方面

駅周辺編集

バス路線編集

駅前ロータリーにはバスのりばが整備され、JR吹田駅から当駅を経由して江坂方面に向かうバス路線が、2019年4月27日より運行されている[5]。停留所名称はJR南吹田で、阪急バスにより運行される以下の路線が発着する。

隣の駅編集

西日本旅客鉄道(JR西日本)
F おおさか東線
直通快速
通過
普通
新大阪駅 (JR-F02) - 南吹田駅 (JR-F03) - (神崎川信号場) - JR淡路駅 (JR-F04)

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

出典編集

  1. ^ a b c d “おおさか東線全線開業に向けて 新大阪-放出駅間 新駅の駅名の決定について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2018年7月24日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/07/page_12748.html 2018年7月24日閲覧。 
  2. ^ “おおさか東線開業に伴う運賃に関わる認可申請などについて” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2018年12月27日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/12/page_13598.html 2018年12月27日閲覧。 
  3. ^ おおさか東線 駅位置図 南吹田 平成31年春開業”. 大阪外環状鉄道. 2018年7月31日閲覧。
  4. ^ おおさか東線、新4駅の名称決定「南吹田」「JR淡路」などの由来は? - ITmedia ビジネスオンライン”. ITmedia (2018年7月24日). 2018年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月17日閲覧。
  5. ^ 南吹田駅オープン”. 市報すいた 平成31年3月号 PDF版. 2019年3月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集