メインメニューを開く

南喜代子(みなみ きよこ、1920年3月28日 - 没年不詳)は、昭和期に活躍した漫才師吉本新喜劇の女優。本名:山本正子。

大阪府南河内郡河南町の生まれ、三遊亭柳枝と結婚して相方となり柳枝劇団に入団。1945年新開地劇場で初舞台。その後離婚し、1965年よりミナミサザエや、笹山タンバ(後の2代目内海突破)等と相次いでコンビを変える。その後は吉本新喜劇に入団し老け役で端役ながら活躍。やめよッカナ?以降も回数は少ないものの時折出ていたがまもなく引退。

目次

ギャグ編集

  • 貶されると大口開けて大声で顔をクシャクシャにし「うぎゃぁ~!!」と叫ぶギャグがある。
  • 登場時にイヨーと言うと、共演者もイヨーと言い、2回目も同様にイヨーと言い、3回目にして「イ゙ヨ゙ー!」と絞り出すような声で言うと共演者がコケる。

エピソード編集

  • 高勢ぎん子とは年齢も近く役柄(老け役)似ていたため友人であった。
  • 東京嫌いで知られ、新喜劇の営業で東京行っても新幹線の中で「はよ。帰りたい!帰りたい!」とぼやいていたという(西川のりお談)。

参考文献編集

  • 「現代上方演芸人名鑑」(少年社、1980年

関連項目編集