アラッシオの海岸風景

南国にて(アラッシオ)』(In the South (Alassio)作品50は、エドワード・エルガー1903年冬から1904年にかけて、家族と休暇と過ごしたイタリアで作曲した演奏会用序曲

背景編集

曲の副題である「アラッシオ」とは、イタリアの避寒地リグーリア海岸に面する町の名前である。エルガーは家族と共にこの町に滞在した。滞在中に町を散策して回った彼は建物、風景、歴史から霊感を受けた。後にこう回想している。

そのとき、全てのことが一度に私の脳裏に閃いた - 小川、花、丘。一方には遠く雪を頂いた山々がそびえ、また一方には地中海が広がる。その時私が立っていた場所はその昔、兵士たちが争ったまさにその場所である - そしてまた次の瞬間、突如として私は現実に立ち返った。その時、私は序曲を作曲してしまっていたのである。後に残されたのは、ただそれを書き留めることだけだった。

曲の初演は1904年3月16日ハレ管弦楽団の演奏で行われた。この日はコヴェント・ガーデンロイヤル・オペラ・ハウスで開催された「エルガー音楽祭」の3日目であった。指揮ハンス・リヒターが行う予定となっていたが、エルガー側の楽譜の準備が間に合わず、リヒターの予習に十分な時間を取れなくなってしまったため、エルガー自身が指揮することになった。

この曲中でおそらく最も知られるのは、ヴィオラ独奏で奏でられる中間部のセレナーデだろう。同年7月、エルガーはこの部分をだけ取り出してパーシー・ビッシュ・シェリーの詩に合わせ、『月明りで』という題の歌曲として仕上げた。さらにその後、『カント・ポポラーレ』と名付けた器楽版も複数生まれている。

曲は「我が友レオ・F・シュスターへ」献呈された[1]。シュスターはエルガーの家族と共に初演を聴いている。

演奏時間編集

20分程度で連続して演奏される。

楽器編成編集

フルート3(第3奏者はピッコロ持ち替え)、オーボエ2、コーラングレクラリネット2、バスクラリネットファゴット2、コントラファゴットホルン4、トランペット3、トロンボーン3、チューバティンパニ3、打楽器大太鼓シンバル小太鼓トライアングルグロッケンシュピール)、ハープ弦五部[1]

楽曲構成編集

ヴィヴァーチェ 3/4拍子 変ホ長調

管楽器の間で受け渡されながら上昇する、勢いのよい主題に始まる(譜例1)。

譜例1

 

数多くの要素が盛り込まれるが、中でもヴィオラ独奏による部分は印象的である。あまり目立つことにないこの楽器よる独奏部として、その長さが特に注目に値するのと同時に、他の力強い部分と対比を生み出している点も特筆される(譜例2)。

譜例2

 

最後は譜例1を主に扱いつつも、曲中に現れた主題が一体となったコーダを経て、華々しく曲を閉じる。

出典編集

  1. ^ a b Full Score, Elgar: In The South (PDF)”. Novello & Co., London (1904年). 2014年6月30日閲覧。

参考文献編集

  • Kennedy, Michael (1987). Portrait of Elgar (Third edition ed.). Oxford: Clarendon Press. ISBN 0-19-284017-7. 
  • Moore, Jerrold N. (1984). Edward Elgar: a creative life. Oxford: Oxford University Press. ISBN 0-19-315447-1. 
  • 総譜 Elgar: In The South (Alassio), Novello & Co., London, 1904

外部リンク編集