メインメニューを開く
日本 > 東京都 > 八王子市 > 南大沢

南大沢(みなみおおさわ)は、東京都八王子市地名。現行行政町名は南大沢一丁目から五丁目。住居表示未実施[1]郵便番号は192-0364(八王子南郵便局管区)[3]

南大沢
首都大前から南大沢駅方面を望む
首都大前から南大沢駅方面を望む
南大沢の位置(多摩地域内)
南大沢
南大沢
南大沢の位置
北緯35度36分50.9秒 東経139度22分48.26秒 / 北緯35.614139度 東経139.3800722度 / 35.614139; 139.3800722
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
市町村 Flag of Hachioji, Tokyo.svg 八王子市
地域 東部地域
面積
 • 合計 2.834km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 17,101人
 • 密度 6,000/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
192-0364[3]
市外局番 042[4]
ナンバープレート 八王子
※座標は南大沢駅付近

目次

地理編集

東京都八王子市の南部に位置し、多数の新興住宅地と学校、商業施設を有する多摩ニュータウン西端部を構成する。 町の中心には京王電鉄の南大沢駅があり、駅周辺には八王子市の行政施設や大学が立地する。 町の面積は2.834平方kmである。

南大沢駅前は広く大きなバスロータリーが整備され、駅周辺には特に多くの商業施設・店舗が集中している。 駅周辺には駐車場が少なく週末には渋滞が発生している。

南大沢駅周辺には自転車専用レーンが設置されている[5]

河川編集

小字編集

  • 柏木谷戸(かしわぎやと) - 柏木小学校・京王・神奈中「桜84」系統の柏木谷戸入り口バス停などに見られる。
  • 清水入谷戸(しみずいりやと) - 京王・神奈中「桜84」系統の清水入谷戸バス停や清水入緑地などに見られる。清水入とも。
  • 内裏谷戸(だいりやと) - 小山内裏公園、内裏谷戸公園、内裏橋(東京都道158号小山乞田線)などに見られる。
  • 日影(ひかげ) - 高札場が置かれていた。
  • 日向(ひなた) - 高札場が置かれていた。京王・神奈中「桜84」系統の日向バス停、南大沢日向公園などに見られる。

隣接地域編集

地価編集

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、南大沢2丁目18番10の地点で16万9000円/m2となっている。[6]

歴史編集

地名の由来編集

多摩郡の現八王子市域にはかつて「大沢村」(柚木領および拝島領)という村が2つ存在していた。南大沢は南多摩郡内において、その旧拝島領大沢村(後の北大沢村→加住村→現・八王子市加住町二丁目)の南に位置していたことから「南大沢」と名付けられた。

年表編集

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
南大沢一丁目 825世帯 1,427人
南大沢二丁目 1,234世帯 2,334人
南大沢三丁目 1,892世帯 4,118人
南大沢四丁目 1,771世帯 4,166人
南大沢五丁目 1,939世帯 5,056人
7,661世帯 17,101人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[8]

丁目 番地 小学校 中学校
南大沢一丁目 1〜5番地 八王子市立下柚木小学校 八王子市立宮上中学校
その他 八王子市立柏木小学校 八王子市立南大沢中学校
南大沢二丁目 全域
南大沢三丁目 全域
南大沢四丁目 全域 八王子市立南大沢小学校
南大沢五丁目 全域 八王子市立宮上小学校 八王子市立宮上中学校

交通編集

鉄道編集

道路編集

 
南大沢大橋から望む多摩ニュータウン通り

施設編集

 
フレスコ南大沢
 
遊歩道
 
ベルコリーヌ南大沢

行政編集

教育編集

郵便局・金融機関編集

 
フォレストモール南大沢

商業編集

企業編集

公園編集

  • 溜池公園
  • 大平公園
  • 南大沢日向公園
  • 内裏谷戸公園
  • 長谷戸公園
  • 赤石公園
  • みどりやま公園
  • うずまき公園
  • 南大沢緑地
  • 松木日向緑地
  • 清水入緑地
  • 小山内裏公園
  • 南大沢日原坂竹林公園
  • 南大沢中郷公園

神社編集

 
境内にあるオオツクバネガシの空洞部分
  • 八幡神社 - 創建年代は不明だが古くから南大沢の鎮守神としてまつられてきた。境内のオオツクバネガシ(アカガシツクバネガシの間種)の巨木は、樹齢推定600年である。また八王子市の天然記念物に指定されている。木は1880年明治13年)の火災で枯死したと思われていたが再生したため地元では「不死身のアカガシ」と呼ばれている。
  • 広妙寺
  • 日枝神社

郷土芸能編集

八幡神社で、主に夏祭りの際に踊られた「粉屋踊り(こなやおどり)」が有名であった。[9][10]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 八王子市の町名と面積一覧(住居表示実施状況)”. 八王子市 (2016年6月29日). 2018年1月15日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳 町丁別世帯数及び人口”. 八王子市 (2018年1月15日). 2018年1月15日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月15日閲覧。
  5. ^ 広報はちおうじ(平成22年3月1日号)
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  7. ^ 八王子辞典の会『八王子辞典』かたくら書店、2001年。ISBN 4-906237-78-9
  8. ^ 通学区域一覧・通学区域図(町名別)”. 八王子市 (2016年6月29日). 2018年1月15日閲覧。
  9. ^ 南大沢粉屋踊り
  10. ^ 南大沢の粉屋踊

参考文献編集