南 実(みなみ みのる、Minoru MINAMI、1887年-1948年3月13日)は、日本写真家写真評論家

広島県生まれ。

日本における、ピクトリアリスム芸術写真)の指導的人物。いわゆる「ベス単」カメラによるソフト・フォーカス技法を考案し、風景写真を多く撮影した。

1922年に創刊された雑誌『芸術写真研究』(アルス)では、主筆として健筆を振るうとともに、後進を多く育てた。中島謙吉(中嶋謙吉、1888年-1972年)らとともに、アルスにおける、出版を含めた写真関連活動の中心的役割を担った。

1924年には、鈴木八郎(当時、アルスに勤務)、勝田康雄、魚住励らの「表現社」(表現社写真会)の顧問となり、やはり鈴木八郎、金丸重嶺、宇高久敬らと「東京商業写真研究会」を結成し、また、福原信三の「日本写真会」の同人となる。

東京にて没する。

著書編集

代表作編集

  • 風景(1943年):下記『日本のピクトリアリズム』展出展

南作品が出品された展覧会編集

参考文献編集

  • 上記『日本のピクトリアリスム』展の展覧会カタログ(東京都写真美術館、1992年)
    • (注)『日本の写真・第1部』の展覧会カタログには、南作品の図版の掲載はない。
  • 『日本写真家事典』(淡交社2000年
  • 『日本の写真家 近代写真史を彩った人と伝記・作品集目録』(東京都写真美術館監修・日外アソシエーツ2005年

関連項目編集