メインメニューを開く

南 尚(みなみ しょう、1935年1月6日 - )は、日本実業家株式会社ダイゾー代表取締役会長株式会社大島造船所最高代表取締役会長、株式会社銀座クルーズ代表取締役相談役日本駐箚チリ共和国名誉領事旧姓勝沼(かつぬま)。

みなみ しょう
南 尚
生誕 勝沼 尚(かつぬま しょう)
(1935-01-06) 1935年1月6日(84歳)
日本の旗 大阪府
国籍 日本の旗 日本
出身校 慶應義塾大学法学部卒業
職業 ダイゾー会長
大島造船所会長
配偶者 南和子(
子供 南安子(長女
南尚子(二女
勝沼学(
親戚 南俊二義祖父
南景樹岳父
南保夫(義叔父
南宣之娘婿

株式会社阪急百貨店での勤務を経て、株式会社大島造船所社長(第4代)、株式会社大阪造船所社長(第3代)などを歴任した。

目次

概要編集

生い立ち編集

1935年大阪府にて生まれた。上京して慶應義塾大学に進学し[1]法学部政治学科にて学んだ[1]1957年に慶應義塾大学を卒業し[1]学士号を取得した。同年、阪急百貨店に入社し[1]、デパートマンとして活動する。また、阪急百貨店の会長であった清水雅秘書を務めた[1]。9年後、同社から大阪造船所に転じた[1]

経営者として編集

1970年、大阪造船所の取締役となった[1]1973年には、大阪造船所の子会社である大島造船所にて取締役に就任した[1]1977年に同社常務1980年に同社専務1988年に同社副社長1989年に同社社長に就任した[2]。当時の造船業界は造船不況とも呼ばれた苦境に立たされていたが、南は「選択と集中」政策を採用し、ばら積み貨物専用船の製造に特化する経営戦略を打ち出した[3]。また、円高による苦境を見越して社内に非常事態宣言を発令したうえで、その危機感を従業員らに浸透させるため、従来は掲揚が躊躇われることが多い「Z旗」をあえて掲揚するなど、斬新な策を打ち出した[3]

1990年、大阪造船所の会長に就任した。1993年には同社の社長に就任した。1995年には大島造船所の最高代表取締役に就任し、2009年からは会長も兼任している[1][3]。また、1999年には、チリから名誉領事に任命されている[3][2]。現在も、ダイゾーの代表取締役としてダイゾーグループを率いている。

家族・親族編集

尚のは、「日本の三大億万長者」と謳われた南俊二に連なる一族の出身である。尚と同じく慶應義塾大学の卒業生であるが、在籍した学部は異なっており、同大学の経済学部を卒業し経済学士号を持つ。また、かつて大阪造船グループを率いた南景樹は、尚の岳父にあたる。義叔父南保夫は、大阪造船所の副社長をはじめ大洋製鋼の会長などを歴任した。東洋オリーブの社長などを歴任した南宣之は、尚の娘婿にあたる。長女南安子二女南尚子も、実業家となった。そのほか、大洋製鋼の専務などを歴任した南元一は、保夫の長男であるため尚の義従弟に該当するなど、著名な係累縁者が多数存在するため、下記の一覧では尚の親族に該当する者のみ記載した。

系譜編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南数治郎
 
南俊二
 
南景樹
 
南和子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南安子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南保夫
 
南尚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南宣之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南尚子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • 赤地に太字が本人である。
  • 係累縁者が多いため、南尚の親族に該当する著名人のみ氏名を記載した。

略歴編集

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 山岸誠司・井上岳一聞き手「日本の古きよき故郷を守りながら、地方から世界に貢献する企業を目指します。」『環境先進企業 トップインタビュー : 三井住友銀行三井住友銀行2014年10月
  2. ^ a b c d 「沿革」『沿革 - 企業情報 : 大島造船所大島造船所
  3. ^ a b c d 「会社案内」『株式会社大島造船所/会社案内大島造船所

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

ビジネス
先代:
南景樹
大阪造船所社長
第3代 : 1993年 - 1999年
次代:
南宣之
先代:
渡辺武雄
大島造船所社長
第4代 : 1989年 - 2005年
次代:
中川齊