メインメニューを開く

南山(ナムサン)は、大韓民国首都ソウル特別市の旧市街の南に位置する海抜262メートルの

南山
各種表記
ハングル 남산
漢字 南山
発音 ナムサン
英語 Namsan
南山公園からのソウル市の眺め

南山ケーブルカーで頂上まで登れる。また、階段もあり、途中の見晴台から市内を望むことができる。 韓国の諺に“南山から石を転すと、金氏の家でなければ李氏の家に入る”というものがある。韓国人のに「金」と「李」が特に多いことを示すものである。

施設編集

頂上にはNソウルタワーが建つ。ソウル市内・周辺向けのテレビ・FMラジオ放送電波は、ここから送信されている。

南山は、たびたび韓国の政治的舞台となった。朴正煕政権下の中央情報部(KCIA、現・国家情報院)は、その所在地から南山と通称された。また、北朝鮮による日本人拉致のための乱数放送のオープニングに使われた歌曲は、「南山の青い松」であった。

日本統治時代には南山の中腹に官幣大社の朝鮮神宮が建てられ、独立後はその跡地付近に金九銅像安重根義士記念館が建てられた。南山には他に国幣小社京城神社京城護国神社があった。

外部リンク編集