南 廉平(みなみ れんぺい、1877年 - 1926年11月7日)は日本の牧師富士見町教会の第2代目牧師である。

1877年愛媛県の卜部家に生まれる。幼少期広島の南家の養子になる。中学3年の時に、広島日本基督教会で洗礼を受ける。その後、北陸英学校明治学院普通学部で学ぶ。その後、アメリカに渡りヒル・スクールオーバン神学校英語版で学ぶ。

日清戦争のため帰国し、陸軍に志願する。陸軍では騎兵将校として出征する。

1895年より一番町教会(富士見町教会)で、植村正久の弟子になる。その後、千駄ヶ谷教会松山教会の牧師になる。

1911年に富士見町教会の副牧師に就任する。1925年植村正久が死去すると第2代目牧師に就任するが、翌1926年に49歳で死去。

参考文献

編集
  • 『キリスト教人名辞典』日本基督教団出版局、1986年