メインメニューを開く

南条 時光(なんじょう ときみつ、正元元年〈1259年〉 - 元弘2年/正慶元年5月1日1332年5月25日〉)は、鎌倉時代後期の武将。駿河国富士上方上野郷(現在の静岡県富士宮市北西部一帯・上野地区)の地頭で、上野殿と称された。日蓮の強信者として知られ、日興門流日目のおじにあたる。

 
南条 時光
時代 鎌倉時代後期
生誕 正元元年(1259年
死没 元弘2年/正慶元年5月1日1332年5月25日
別名 上野殿
戒名 大行尊霊
官位 左衛門尉
父母 父:南条兵衛七郎
妙蓮
テンプレートを表示

生涯編集

7歳の時に父・兵衛七郎と死別し、家督を継ぐ。父と同様に法華経信仰の道に入り、以後、身延山に住する日蓮のもとへ供養の品々を定期的に送り続けている。

1278年弘安元年)以降の「熱原の法難」に際しては、日興の指導の下で鎌倉幕府の宗教弾圧に抵抗し、信徒の保護と支援のために尽力奔走した。日蓮は時光のこの深い信仰心に対し、「上野賢人殿」との称号をもって賛嘆したという。

日蓮の滅後、日興は波木井実長との意見の相違のため身延山を離山する。この時ただちに時光は日興を自領内に迎え入れ、正応3年(1290年)一帯の土地を寄進して、大石寺の開基檀那となった。

正中元年(1324年[要検証]には、亡くなった妻・妙蓮の供養のため、下条堀之内の自邸を改め妙蓮寺とした。

正慶元年(1332年)、74歳で卒した。法号(戒名)は大行尊霊(だいぎょうそんれい)。

外部リンク編集