メインメニューを開く

南条 貞宗(なんじょう さだむね、延元4年/暦応2年(1339年)? - 元中8年/明徳2年(1391年)?)は南北朝時代武将伯耆国羽衣石城に拠点を置いた国人南条氏の始祖。通説では出雲国守護塩冶高貞の次男といわれており尼子南条伯耆守と称した。子に南条景宗機堂長応尼子右衛門尉経時。初名は高秀

生涯編集

羽衣石南条記』の説によると暦応4年(1341年3月28日、貞宗3歳のとき父高貞が高師直によって謀反の濡れ衣をきせられ領国の出雲へ妻子とともに逃げる途中、高貞の家臣・八幡六郎によって老僧に預けられたという。その後、越前国南条郡宅良谷で尼に育てられ成長した貞宗は室町幕府将軍足利義詮の幕下となり多くの武功を挙げその功によって伯耆国に領地を持った。貞治5年(1366年)に伯耆国河村郡埴見郷に羽衣石城を築いて南条氏の始祖となった。至徳2年(1385年)、ゆかりの地である越前国南条郡宅良谷に曹洞宗慈眼寺を建立した。次男・機堂長応とともに伯耆国で曹洞宗が大発展する礎を築いたといわれている。『伯耆民談記』には没年が明徳2年(1391年)と記されているが、これを仏門に入った年とする説もある。

鳥取県三朝町の曹源寺には、南条貞宗のものと伝えられる五輪塔がある。

参考文献編集

  • 矢吹某『羽衣石南条記』
  • 松岡布政『伯耆民談記』
  • 東郷町誌編纂委員会『東郷町誌』
  • 鳥取県『鳥取県史 第2編 中世』
先代:
伯耆南条氏初代当主
1366年 - 1391年?
次代:
南条景宗