メインメニューを開く

概要編集

南東方面(ソロモン・ニューギニア)担当の部隊は水上部隊の第八艦隊であったが、第十一航空艦隊のラバウル進出の際に第八艦隊が第十一航空艦隊司令長官の指揮を受けることになった。これが南東方面艦隊の編成の前段階である。

その後昭和17年12月に正式に第十一航空艦隊及び第八艦隊を統括指揮する艦隊として編成された。なお司令部要員は第十一航空艦隊司令部を兼任している。昭和18年11月15日に第九艦隊が新編され隷下部隊に加わるが、昭和19年3月25日で南西方面艦隊に転出している。

昭和20年5月29日に小沢治三郎中将が連合艦隊司令長官に就任したが、同期生ながら草鹿南東方面艦隊司令長官の方が先任順位が上で、先任者を後任者の指揮下に入れないという日本海軍の慣例のため、小沢の指揮系統からはずされて大本営直轄部隊に切り替えられた。終戦時にはラバウル・ブインなど主要拠点にわずかな警備隊を置くだけの状態に陥っていた。

歴代司令長官編集

  1. 草鹿任一中将:1942年12月24日 -(終戦)

歴代参謀長編集

  1. 中原義正少将:1942年12月24日 - 1943年11月29日
  2. 草鹿龍之介少将:1943年11月29日 - 1944年4月6日
  3. 富岡定俊少将:1944年4月6日 - 1944年11月7日
  4. 入船直三郎中将:1944年11月7日 -(終戦)

隷下部隊編集

1942年12月24日、新編時の編制編集

1943年11月15日、第九艦隊新編時の編制編集

1944年4月1日、戦時編制制度改定後の編制編集

1944年8月15日、マリアナ沖海戦後の編制編集

  • 第八艦隊
  • 第十一航空艦隊
  • 附属:第11・22魚雷艇隊
    • 第101・121・131設営隊・第2輸送隊

1945年6月1日、最終時の編制編集

  • 直属:第14根拠地隊
    • 第83・89警備隊
  • 第八艦隊
  • 第十一航空艦隊
  • 附属:第81・84~86警備隊・第8潜水艦基地隊・横須賀鎮守府第8特別陸戦隊・第8通信隊・第8港務部・第101設営隊

関連項目編集

参考文献編集