メインメニューを開く

南東部地域(ポルトガル語: Região Sudeste do Brasil)は、ブラジル南東部の地域。 2016年の人口は8635万6952人[1]で、全国の41.9%を占め、5地域中最大。 エスピリト・サント州サン・パウロ州ミナス・ジェライス州リオ・デ・ジャネイロ州の4州から成る。 最大都市はサン・パウロ

南東部地域

Região Sudeste
地域
南東部地域の位置
南東部地域の位置
座標:南緯23度33分 西経46度38分 / 南緯23.550度 西経46.633度 / -23.550; -46.633座標: 南緯23度33分 西経46度38分 / 南緯23.550度 西経46.633度 / -23.550; -46.633
ブラジルの旗 ブラジル

面積
 • 地域 924,511.3km2
面積順位 4位
人口
 • 地域 86,356,952人
 • 順位 1位
 • 密度 93/km2
 • 密度順位 1位
 • 都市部
97%人
GDP
 • 年 2014年
 • 合計 1兆4100億ドル(1位)
 • 1人当たり 1万6343ドル(1位)
HDI
 • 年 2015年
 • 値 0.782(2位)
 • 平均寿命 77.5歳(2位)
 • 乳児死亡率 18.3人/1000人(4位)
 • 識字率 94%(2位)
等時帯 UTC-3 (ブラジル時間)
 • 夏時間 UTC-2 (ブラジル夏時間)

目次

隣接地域編集

主要都市編集

 
カンピーナスのドム・ペドロ高速道路
 
ベロ・オリゾンテ市のパンプーリャ教会
 
サン・パウロ市

人口は2016年7月1日の値。35万人以上の都市を挙げる。

人種編集

肌の色/人種 (IBGE/2010)[2] %
白人 55.16%
混血 35.69%
アフリカ系 7.91%
アジア系 1.11%
先住民 0.12%
不明 0.01%

経済編集

サン・パウロ州だけでブラジルGDPの約1/3の5500億ドルを稼ぐ。 これは南米でブラジルに次いで2番目の経済規模で、行政区画単位では中南米最大である。 経済の中心は機械や自動車、航空、接客、金融、商業、繊維、蜜柑、砂糖黍、珈琲である。

教育編集

交通編集

脚注編集

  1. ^ City Population[リンク切れ]閲覧日:2017年5月25日
  2. ^ SIDRA IBGE - Table 3175 - Resident population by color or race” (Portuguese) (2010年). 2012年4月25日閲覧。