メインメニューを開く
新中川西岸から見る南椿橋(右)

南椿橋(みなみつばきばし)は、新中川に架かるのひとつで、東岸の東京都江戸川区春江町三丁目と西岸の一之江二丁目を結ぶ。

歴史編集

首都高速道路両側の下には江戸川区道が通り、西行き方向の橋として機能している。一方、東行き方向は上流に架かる新椿橋である。

特徴編集

新中川に架かる橋の中では、唯一の緩やかな太鼓橋となっている。

諸元編集

  • 形式 - 3径間鋼連続鈑桁橋
  • 橋長 - 123 m[1]
  • 幅員 - 8.0 m
  • 支間割 - 41.1 m + 40.0 m + 41.1 m[1]
  • 鋼重 - 215 t
  • 施工会社 - JST(日本鉄塔工業) [1]

周辺編集

隣の橋編集

(上流)- 新椿橋 - 首都高速7号小松川線 - 南椿橋 - 春江橋 - 涼風橋 - (下流)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 橋梁年鑑 新椿橋 詳細データ - 日本橋梁建設協会、2018年6月24日閲覧。
  2. ^ 橋梁年鑑データベースでは「新椿橋」と記されているが、架橋年代から「南椿橋」のものと思われる。

外部リンク編集