メインメニューを開く

南海の花束』(なんかいのはなたば)は、東宝映画1942年に製作した日本映画2007年12月に東宝からDVDが発売された。

南海の花束
監督 阿部豊
脚本 阿部豊
八木隆一郎
製作 森田信義
伊藤武郎
出演者 大日方傳
河津清三郎
大川平八郎
音楽 早坂文雄
撮影 小原譲治
編集 後藤敏男
配給 財団法人映画配給社 (紅系)
公開 日本の旗 1942年5月21日
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

解説編集

八木隆一郎戯曲『赤道』を元に、日本の委任統治領だった南洋群島で赤道越え民間航空路を開拓する支所長と操縦士たちを描く。

厳格な支所長と操縦士たちの葛藤や航空事故を克服する姿を描くことで、当時国策として進行していた南洋進出を宣伝するプロパガンダ映画である一方で、阿部豊による演出が人間ドラマをより強調した内容になっている。嵐の中の飛行シーンは円谷英二によって、ミニチュア特撮によるリアリティのあるシーンが撮影され、一部の操縦席のシーンではスクリーン・プロセスも用いられている。

大日本航空の後援により、海軍からの払い下げられて用いていた一五式水上偵察機九三式中間練習機、実際に南洋航路に就役していた九七式飛行艇などの実機が登場し、整備風景や離着水シーンも実機によるものが用いられている。戦時中であるにもかかわらず、敵性語である「システム」などの英語も一部に登場する。

あらすじ編集

興亜航空の南洋支所に、新しい支所長である五十嵐が赴任した。五十嵐は就任早々、支社の綱紀強化と赤道を越える航路開拓を宣言。無事故の実績から反発する操縦士をよそに飲酒飛行の禁止や操縦士の身体検査を行ない、石川を地上勤務に回すなどの綱紀粛正を決行。一方で、嵐の中の郵便飛行を決行させたことで伏見と原田を行方不明にしてしまう。自分のやり方を曲げない支所長にますます反発する操縦士たちだったが、遭難の原因がエンジン故障であることが査問委員会で決定され、郵便物だけはブイにくくりつけられて無事であったことが確認された。飛行学校で五十嵐の生徒だった堀田は、片足を負傷した五十嵐が操縦できない気持ちを一番分かっていることを伝える。数日後、内地から五十嵐の部下である日下部を招く。早々と原田の代わりを自分の身内で固めたと陰口を言われる五十嵐であったが、その直後に伏見と原田は不時着先から帰還したのであった。やがて、操縦士の間にも規則遵守の気運が高まり、妻の出産が近い伏見も規則どおりに郵便飛行に発った。しかし、5日後にインコを手土産に戻った西條に堀田が伝えたのは、産まれた男児が2日で夭折したことだった。

一方、南洋航路開拓は五十嵐の考えよりも早く進行していた。南洋航路開拓は国策として早急に行なわれることになり、南洋支所にも飛行艇が配備された。巨大な飛行艇の勇姿に、地上任務が続いていた石川は操縦できない苛立ちから発狂してしまう。第1回開拓飛行の操縦士として日下部が選ばれ訓練に入ったが、引退間近である堀田の希望から第1回開拓飛行は堀田の手で行なわれることになった。しかし堀田機は飛行中に台風に遭遇。が右翼に直撃して遭難した。1週間の捜索もむなしく、第1回開拓飛行の乗員全員の死亡が宣告される。第2回開拓飛行の操縦士に選ばれた日下部は、出発直前に堀田の妻から遺品であるパイプと煙草缶を手渡される。晴天に恵まれ順調に堀田機の遭難地点に達した日下部は、昇降扉から花束とパイプを海に投げ、堀田たちの冥福を祈るのであった。

スタッフ編集

配役編集

関連項目編集

脚註編集

  1. ^ 中島敦『南洋通信』pp121-123

外部リンク編集