メインメニューを開く

南海グループ

南海電気鉄道傘下の企業集団

南海グループ(なんかいグループ)は、南海電気鉄道を中心とした企業グループである。「南海電鉄グループ」とも称される。

南海電鉄ホームページ内の「南海グループ会社一覧」は2018年2月時点、6つのセグメント(運輸、不動産、流通、レジャー・サービス、建設、その他)に分けて合計43社を掲載している。

目次

グループ概要編集

大手私鉄グループの中では、比較的再編が進んでいる。

関西大手私鉄グループの中で唯一、百貨店を運営する会社がない。その代わりに高島屋と資本・業務提携をしている。よって南海の鉄道員の制帽内には、高島屋の商標が入っている。

ホテル南海はこれまでなんばにあったが、現在は閉館している(なんばが2006年12月31日、堺が2005年5月15日限り)。また、南海サウスタワーホテル大阪もあったが、2003年スイスホテル南海大阪ラッフルズ・インターナショナルに売却、建物のみ継続保有)に改称され、ホリディ・イン南海大阪はホテルリーヴァ南海と改称したが、ホテルリーヴァ心斎橋(オリックスグループに売却、のちに「クロスホテル心斎橋」に再改称)に改称されている。このため、関西大手私鉄グループの中で唯一、都市型ホテル事業から撤退したと言える(非都市型の南紀勝浦温泉「ホテル中の島」は営業を継続している)。

かつては沿線でタクシー事業(南海タクシー、佐野南海交通、和歌山南海交通ほか)を運営していたが、2001年3月に第一交通産業(福岡県)に資本を譲渡し、運営から撤退した。また、観光バス事業(南海観光バス、和歌山南海観光バス)も2003年1月にクリスタル観光バスに譲渡している(ただし、南海グループ内には沿線および周辺での路線バス事業を営む会社があり、それら企業の一部門として観光バス事業自体は行われている)。

「南海」を冠した企業は四国など大阪府以西に点在するが、南海電鉄グループとは限らない。南海百貨店という百貨店が、かつて大阪府高石市千代田や、愛媛県新居浜市に存在したが、前者は南海本線沿線ではあったものの資本・人的関係があったかは不明で、1967年6月14日に火事で全焼。後者は元々地元資本で、ダイエーグループ入りの後、さらにダイエー直営(ダイエー新居浜店→イオン新居浜店)となったもので、資本・人材面の関連はなかった。

愛媛県内を放映エリアとする南海放送、南海電鉄と同じ大阪市内に本社を置く南海部品オートバイ関連商品取り扱いのチェーン店)や南海化学、大阪府南部のトヨタディーラーであるトヨタ久保グループ南海(トヨタカローラ南海、ネッツトヨタ南海の親会社)も、南海電鉄グループではない。

南海グループ一覧編集

運輸業編集

鉄道事業編集

軌道事業編集

バス事業編集

海運業編集

貨物運送業編集

車両整備業編集

不動産業編集

不動産賃貸業編集

不動産販売業編集

その他編集

(おもな開発地、南海電気鉄道不動産営業本部住宅事業部)

南海橋本林間田園都市

  • 南海林間田園都市 彩の台 - 和歌山県橋本市 最寄は南海林間田園都市駅
  • 南海 橋本林間田園都市 三石台 - 和歌山県橋本市 最寄は南海林間田園都市駅
  • 南海 橋本林間田園都市 城山台 - 和歌山県橋本市 最寄は南海林間田園都市駅
  • 南海 橋本林間田園都市 小峰台 - 和歌山県橋本市 最寄は南海林間田園都市駅 2005

(南海不動産)

流通業編集

ショッピングセンターの運営編集

物品販売業編集

  • 南海商事株式会社(大阪市浪速区
    • 駅売店、宝くじ店などの経営
    • 南海電鉄及びグループ各社の制服・制帽の取り次ぎ販売
  • 泉鉄産業株式会社(和泉市)

物流事業編集

  • 泉北高速鉄道株式会社(和泉市)
    • 東大阪流通センター、北大阪流通センターの経営

その他編集

レジャー・サービス業編集

遊園事業編集

旅行業編集

ホテル・旅館業編集

なお南海電鉄本体が2018年5月、赤坂 (東京都港区)カプセルホテル開業を予定している。運営はリヴァンプ傘下企業のナインアワーズ(東京都港区)に委託する[1]

競艇施設賃貸業編集

ビル管理メンテナンス業編集

ゴルフ場の経営編集

葬祭事業編集

 
ティア住之江の路面電車広告(阪堺電軌、2013年3月)

その他編集

建設業編集

建設業編集

その他の事業編集

印刷業編集

生保・損保代理業編集

広告代理業編集

経理・情報処理業務代行業編集

建設コンサルタント業編集

過去に資本関係があった、もしくはグループに属した企業編集

資本関係はあるがグループからは除かれる企業編集

詳しくは後述する(関連会社の節を参照)。

関連会社編集

南海電鉄グループではないものの、一部株式を保有している会社は以下の通り。

かつては、水間鉄道の筆頭株主でもあったが、同社の会社更生法申請に伴い、株式をグルメ杵屋に売却している。

脚注・出典編集

  1. ^ 南海電気鉄道、赤坂にカプセルホテル/5月開業『日本経済新聞』朝刊2018年2月16日(東京面)

関連項目編集

外部リンク編集