メインメニューを開く
南海バス > 南海バス堺営業所

南海バス堺営業所(なんかいバスさかいえいぎょうしょ)は、大阪府堺市堺区にある南海バス営業所である。南海本線堺駅に隣接して設置されており、車庫の一部は南海本線高架下に設置されている。

概要編集

主に堺市(旧堺市街地)と臨港エリア、一部大阪市住之江区松原市にも乗り入れるほか、高速バスの運行も担当している。

堺浜地区のシャープ工場建設地への特定輸送も行っていたが(地下鉄住之江公園駅発着、堺駅・堺東駅経由堺市駅発着)、2010年1月より一般路線バス(堺匠町線:堺駅西口・堺東駅経由堺市駅発着、堺東駅発綾ノ町電停前経由便。住之江匠町線:地下鉄住之江公園駅発着)に移行し、21年ぶりに大阪市内への南海バスの一般路線バス乗り入れが復活した。

一般路線の車両面では堺シャトルを含め、中型車の比率が高くなった時期もあったが、近年は臨海エリアでの利用客が増えていることや大型ノンステップバス(一部天然ガスCNG車もあり)が導入されているために再び大型車の比率が高くなってきている。

従来は堺市中心部のバス運行は堺東と堺の両営業所が担当していたが、輸送量の増加とともに営業所としての規模が手狭となったため、1978年12月15日に堺営業所を拡充するとともに堺東営業所を統合し、堺市中心部の路線を一括管理するようになった[1]

2013年9月1日より金岡車庫の廃止に伴い、一部路線が移管された(残りは東山営業所へ移管)[2]

堺東駅近くの高島屋堺店駐車場棟1階に堺東駅発着便の折り返しのための堺営業所堺東車庫がある。

一般路線編集

堺・大小路線(堺シャトル)編集

堺駅と南海高野線堺東駅間(1.8km)を約10分で結ぶ路線[3]。堺シャトルバスとして平日毎時8本・土休日毎時6本で頻発しており、ノンステップ・ハイバックシート装備の専用車両[4]によるハイグレードサービスが行われている。料金は前乗り先払い方式を採用している。

1987年3月1日に関西初のシャトルバスとして7台の専用車両を用いて運行を開始した[5]。このシャトルバスは関西の乗合バスで最初にプリペイドカードによる料金支払いシステムが導入された[5]

2000年3月に2代目の車両が9台導入され、この車両からノンステップバスが採用された。車体も金色の色調となり、「南蛮行列」をデザインしたものとなった[6]。この車両では南海バスで初めてスルッとKANSAIに対応したバスカードシステムが導入された[6]

2016年3月1日に3代目の車両が7台導入された。先代までは中型車で運行していたが、この車両は大型車が採用され座席数も19から30へ増加した。日本初フルカラー・フルドットの4ヶ国語(日本語・英語・中国語・韓国語)対応LED行先表示器を搭載。ハイブリッド機能を搭載し環境により優しくなったほか、燃費も向上している[3]

かつての中循環・北循環供用ルートが分離されて誕生した経緯から、早朝・深夜時間帯を除き北回り・中回りへの乗継ぎ連絡も行われている。堺東駅ではロータリー内の1番のりばと堺市役所前の17番のりば、2ヶ所に停車する。 平日最終便は堺駅前発が23:40、堺東駅前1番のりば発が23:55であるが、この路線は、最終便まで深夜バスではない運行であり、したがって、加算運賃なしで乗車できる(南海バスの、関西国際空港島内を除く他の一般路線では、23:31以降に始発停留所を発車する便は深夜バスとして運行している)。

堺東・鳳線編集

  • 1系統:堺東駅前 - 大仙中町 - 塩穴通 - 霞ヶ丘 - 西区役所前 - 鳳駅前

堺東駅と鳳駅前(2019年9月22日までは西区役所前)を結ぶ路線。1996年4月1日に従来の路線を再編し、鳳シャトルバスの愛称で運行を開始した[7]。誕生当時は堺市が政令指定都市に移行しておらず、西区役所は「堺市役所西支所」であったため、バス停名も「鳳・西支所前」であった。運行開始当初は専用塗装のワンステップバスを使用し、2003年より2代目専用車両としてノンステップバスへの置き換えがなされた。なお、堺市の政令指定都市昇格と停留所の改定は車両置き換えより少し前であったため、初代車両において方向幕の差し替えが行われた。現在は全ての運行車両がLED表示機による行先表示を採用している。平日10分毎、土休日15分毎。終日にわたって一般車による代走は殆ど無い。
西区役所前[8]にて光明池・鳳線ならびに美木多線(いずれも光明池営業所が担当する堺東駅前発着の長大系統を有していた名残)との乗り継ぎ制度を導入しており、同停留所では他に堺市立総合医療センター線[9]と北野田・鳳線(東山営業所担当)の相互乗り継ぎも実施している。 同制度により西区役所前で光明池駅、栂・美木多駅方面へ連絡するほか、一部残存する上記長大系統である光明池営業所担当の特6系統(堺東駅前 - 横山高校)・特8系統(堺東駅前 - 光明池駅)も同区間を並行する。

2017年8月26日のダイヤ改正で堺東・光明池線(同日に光明池・鳳線から路線名を変更)ならびに美木多線は全便堺東駅前発着に変更されたため、西区役所前での乗継運賃制度は廃止された。また同時に同系統は「鳳シャトル」の愛称がなくなり、概ね平日は毎時0〜2本、土休日に至っては1日数便にまで大減便された。

堺市内中回り線編集

  • 4系統:堺駅前 - 堺駅南口 - 出島 - 御陵前 - 栄泰橋(旧:市立堺病院前) - 堺東駅前
  • 14系統:堺駅前 - 堺駅南口 - 出島 - 御陵前 - 大仙中町(旧:工業学校前) - 堺東駅前

4系統は市立堺病院前[10]開業後に14系統と分離し、別ルートを運行する便として導入された。かつては御陵前始発の堺東駅前行きとして14系統の区間便、特14系統も運行されていた(平日朝の堺東行きのみ、かつての特21系統とは始終着停留所が逆さまになっている)。
大仙中町の堺東行きバス停は、22系統と14系統のみバス停が分離されており、バスロケーションシステムの導入対象外となっている(逆方面は導入されている)。
堺シャトル開業前(中循環・北循環・南循環時代)に南回りと御陵前近辺でルートを交換している。このため、現在の南回りは、旧来の中循環の御陵前停留所と併せて2回「御陵前」に停車する。

両系統とも2016年・2017年のダイヤ改正で30分間隔→40分間隔→1時間間隔と本数が削減されている。

堺市内北回り線編集

  • 16系統:堺東駅前 - 大小路 - 綾の町電停前 - 浅香山通(堺東駅前行きのみ停車) - 松屋大和川通 - 堺浜シーサイドステージ - 八幡町 - 三宝 - 堺駅西口
  • 17系統:堺東駅前 - 錦陵町 - 綾の町電停前 - 浅香山通 - 堺浜シーサイドステージ - 八幡町 - 三宝 - 堺駅西口

堺東駅前 - 大小路 - 綾の町電停前 - 浅香山通(堺東駅前行きのみ停車) - 松屋大和川通 - 堺浜シーサイドステージ - 八幡町 - 三宝 - 堺駅西口

  • 19系統:堺東駅前 - 錦陵町 - 綾の町電停前 - 浅香山通 - 八幡町 - 浅香山通 - 三宝 - 堺駅西口
  • 特19系統:堺東駅前 - 錦綾町 - 綾の町電停前 - 浅香山通 - 八幡町
  • 20系統:堺東駅前 - 錦陵町 - 綾の町電停前 - 浅香山通 - 八幡町 - 堺浜北 - 堺浜シーサイドステージ - 堺浜北 - 八幡町 - 浅香山通 - 三宝 - 堺駅西口
  • 特20系統:堺駅西口 - 三宝 - 浅香山通 - 八幡町 - 堺浜北

20系統・特20系統は平日朝のみの運行。19系統は朝に2便のみ。特19系統は朝の八幡町始発便1便のみ
近年は堺浜周辺の開発が著しくなっているために利用客が増えている。
北回りの堺浜シーサイドステージでの乗降に限り、運賃が無料(但し平日朝の同停留所での降車分は除く)だったが、2010年10月からは原則として有料化(但し施設の利用者には利用券を配布)された。
堺浜シーサイドステージの開業前は、20系統は塩浜町・八幡町を経由しない北回りの便として運行されており、日中の運行系統は19系統の半分ほどの運行であったが、堺浜シーサイドステージ開業後は19系統より遠回りのルートとなっている。そのため、かつては一度も経由しなかった塩浜町に計4回も停車するようになっている。Jグリーン堺などの施設の追加開業後はバス停が増設され、更に堺駅西口便と堺東駅前便の経路が異なるほどルートが複雑化されている一方、19系統は従前の系統を維持している。
堺東駅前では16系統以外、5番のりばと12番のりば(堺東駅北口)の両方に発着する。かつては二箇所とも同様の名前で呼ばれていたが、後に0系統同様分離されている。また、かつては堺駅前でも西口・南口・駅前(東口)の全てに発着していた。
2016年3月1日の系統再編で平日朝以外は松屋線(11系統)と統合する形で16系統・17系統に再編された。また塩浜町・八幡町での重複停車は解消され、堺駅西口 - 堺浜・Jグリーン堺南口間の所要時間も短縮している。

堺市内南回り線編集

  • 21系統:堺駅南口→宿院→大小路→堺東駅前→大仙中町(旧:工業学校前)→塩穴通→東湊電停前→宿院→堺駅前
  • 22系統:堺駅前→宿院→東湊電停前→塩穴通→大仙中町(旧:工業学校前)→堺東駅前→大小路→宿院→堺駅南口
  • 特22系統:堺駅前→宿院→東湊電停前→塩穴通→大仙中町(旧:工業学校前)→堺東駅前(22系統の堺東駅前止め)

旧三循環系統のうち、唯一循環系統のまま残された系統であり、上下線で系統番号が異なるほか、堺東~堺間の一部で0系統とのルート重複が見られる。この経緯から、0系統との乗り継ぎ制度はない。
なお、堺シャトル開業前に、現在の中回りとルートの一部を交換しており、このために御陵前停留所が2回連続で存在する(一つは旧中循環の停留所)。また、かつては堺東駅前始発の御陵前行きとして21系統の区間便、特21系統も運行されていた(平日朝の御陵前行きのみ、かつての特14系統とは始終着停留所が逆さまになっている)。
大仙中町の堺東行きバス停は、22系統と14系統のみバス停が分離されており、バスロケーションシステムの導入対象外となっている(逆方面は導入されている)。また、塩穴通停留所のバス停は30号線沿道の他系統と同じ場所にあるが(同停留所で左折する2系統も同じ)、やはり21系統用のみ別の停留所が設けられている。

松屋線編集

  • 特11系統:堺東駅前 - 大小路 - 綾の町電停前 - 七道駅前通 - 松屋大和川通 - 八幡町 - 堺浜北
  • 12系統:堺東駅前 - 大小路 - 綾の町電停前 - 七道駅前通 - 松屋大和川通 - 堺浜北
  • 特12系統:Jグリーン堺南口→堺浜北→松屋大和川通→七道駅前通→綾の町電停前→大小路→堺東駅前(平日1便のみ)

平日朝のみの運転。特11系統は2012年4月2日の改正に際し特12系統から番号変更され、特12系統はJグリーン堺南口発新設系統の番号に割り当てられた。
2016年3月1日のダイヤ改正で北回り(16系統)・堺東住之江線(A1系統)に振り替えた上で大幅に減便された。 北回り線と異なり、堺東駅12番のりばには停車しない。
かつては12系統が松屋大和川通、11系統が八幡町まで運行される系統と、現在とは路線の長さが逆転していた。しかしシーサイドステージの施設展開が進むに連れ、シーサイドステージ直結道路直前(松屋大和川通停留所)が終点の12系統は利用価値が低いこともあり、堺浜まで延伸された。

河内天美線編集

堺東駅から地下鉄御堂筋線の北花田駅と近鉄南大阪線の河内天美駅を結ぶ路線。9系統は30分毎(平日朝のみ20分毎)で終日運行。10系統は平日は夕方以降のみであるが、土休日は昼間時以降運行され、堺東駅前 - 北花田駅前間では15分毎になるようなダイヤとなる。金岡車庫廃止により堺営業所へ移管した。
2014年9月1日のダイヤ改正で10系統は平日夕方から夜のみとなり、土休日は9系統のみとなり昼間~夕方は20分間隔となる。

布忍線編集

堺駅から堺東駅・堺市駅を経て近鉄南大阪線の河内松原駅を結ぶ路線。概ね20分毎に運行している。この他に堺駅方面から南花田町止めの24・28系統があり、これらは金岡車庫の担当であったが、同車庫廃止により全便堺営業所担当になった。
なお、この他に布忍駅筋止めの26系統、途中の南清水で分岐して堺市北区の中村町経由菩提まで到達する27系統があったが、前者は系統整理により、後者は堺市のコミュニティバスへの移管によりそれぞれ廃止された(その後コミュニティーバスも廃止、中村町バス停跡や野遠バス停跡などは、堺市による予約制の乗合タクシーが運行中)。
かつては近鉄バスも並行する形で堺東駅から河内松原駅を経て国分駅前までの路線を運行していたが、当路線との兼ね合いから堺東駅前から布忍までノンストップで運行していた[11]。 24系統と28系統は金岡車庫閉鎖に伴い移管。

北花田線編集

  • 29系統:地下鉄北花田駅前 - 南花田町 - 布忍駅筋 - 高見の里駅前 - 河内松原駅
  • 30系統:地下鉄北花田駅前 - 浅香 - 阪和堺市駅前 - 蔵前西 - 地下鉄北花田駅前(循環)
  • 特30系統:地下鉄北花田駅前 - 浅香 - 阪和堺市駅前
北花田駅と堺市駅の間を結ぶ循環線で、左回り・右回りともに運行されるが、右回りは朝8時台から20時台まで、左回りは12時台から23時台までの運行。
2012年11月1日より29系統と特30系統が新設された。29系統は11時台(松原発)もしくは12時台(北花田発)以降1時間毎に20時台もしくは21時台まで運行。30系統のうち最終便の1便が堺市駅止めの特30系統になった。各系統とも車庫廃止により堺営業所に移管された。

金岡線編集

堺東駅から府道30号をやや少し南下し、続いて一条通からは中環経由で東へ向かう路線。金岡口から中環を外れて南下し、府道35号を越えて金田新田⇒中もず団地前⇒白鷺駅前へ向かう。概ね30分毎の運行。新金岡駅のロータリーに入らず、地下鉄御堂筋線とは中環沿いのしもつ池で乗り換えとなる。一条通以東は後述の野遠北野田線とルートがほぼ重複する。金岡車庫廃止により堺営業所へ移管、同時に金岡町の折返場で終点となっていたのを白鷺駅前まで延長し、それまで経由していなかった三国ヶ丘駅にも立ち寄るように変更、同時に特15系統が新設された。

初芝線編集

堺駅から中百舌鳥・初芝への路線。多くの区間で南海高野線に並行しているため80 - 90分おきと頻度は高くない。金岡車庫廃止により堺営業所に移管された。

野遠北野田線編集

  • 35系統:堺駅南口 - 宿院 - 一条通 - 細池橋 - 三国ヶ丘駅前 - 黒土町 - 労災病院前 - しもつ池 - 地下鉄新金岡駅前 - 蔵前西 - 阪和堺市駅前
  • 35-1系統:堺駅南口 - 宿院 - 一条通 - 細池橋 - 三国ヶ丘駅前 - 黒土町 - 近畿中央胸部疾患センター[12] - 労災病院前 - しもつ池 - 地下鉄新金岡駅前 - 蔵前西 - 阪和堺市駅前
  • 特35系統:堺駅南口 - 宿院 - 一条通 - 細池橋 - 三国ヶ丘駅 - 黒土町 - 労災病院前 - しもつ池 ‐ 地下鉄新金岡駅前
  • 特35系統:堺駅南口 - 宿院 - 一条通 - 細池橋 - 三国ヶ丘駅 - 黒土町 -近畿中央胸部疾患センター[12]- 労災病院前 - しもつ池 ‐ 地下鉄新金岡駅前
地下鉄新金岡駅前停留所において堺駅南口からの当系統と、美原区役所前または北野田駅前(野遠・菩提経由)まで行く系統(45・46系統)を対象に乗り継ぎ制度を導入している。[13]但し後者は1日6便なので乗り継ぎには注意が必要である。なお前者も輻輳している途中の「大饗」[14]までは毎時2本確保されている。ただ、これらの系統を乗り継ぐ目的で利用する場合、「北区役所前」を2度通ることとなるが、あくまで同じく公式サイト内の堺営業所管内運賃表でも白抜き文字表示で紹介している通り、乗り継ぎ停留所は「地下鉄新金岡駅前」に限られる。
35系統は一条通からしもつ池までは金岡線と同じルートで新金岡駅前へ達し、以北は堺市駅まで運行する。特35系統は堺駅南口と新金岡駅前の間の区間便であるが、便数は特35系統のほうがやや多い。金岡車庫廃止により35・特35系統は堺営業所に移管(同じ野遠北野田線で地下鉄新金岡駅前~北野田駅前を運行する45・44[15]系統は東山営業所に移管)された。
2016年3月1日から、昼間時に近畿中央胸部疾患センターを経由する35-1と特35-1系統が新設された[12]

新金岡団地線編集

  • 42系統:地下鉄新金岡駅前 - 蔵前西 - 阪和堺市駅前 - 堺東駅前
運行系統としては野遠北野田線の35系統と重複する部分が多い。金岡車庫廃止により堺営業所に移管されたが、同時に複数あった系統は42系統に集約された。

臨港六区線編集

  • 90系統:石津川駅前→堺臨港工業団地→築港七区→臨港六区→石津川駅前

臨港地区を循環して戻って来る路線である。平日は朝の通勤時間帯、昼間、夕方の通勤時間帯に運行があるが、土曜は朝と昼間のみとなり休日は運休する。

堺匠町線編集

  • S1系統:阪和堺市駅前 - 堺東駅前 - 堺駅西口 - 三宝 - 浅香山通 - 匠町
  • S3系統:堺駅西口 - 三宝 - 浅香山通 - 匠町
  • S4系統:阪和堺市駅前 - 堺駅西口 - 三宝 - 浅香山通 - 匠町
  • S5系統:堺東駅前 - 錦綾町 - 綾の町電停前 - 浅香山通 - 匠町
  • S6系統:阪和堺市駅前 - 綾の町電停前 - 浅香山通 - 匠町

堺市内の主要駅と匠町(シャープ堺工場)を結ぶ路線。S1系統は終日運行であり、それ以外はラッシュ時のみの運行である。
シャープ堺工場が24時間操業を行っているため堺市内の南海バスのなかでも最終便が最も遅い。
特定輸送時代は堺駅では東口から発着していた。

2017年8月1日のダイヤ改正で平日の夕方ラッシュ時間帯以降、S4系統とS5系統の一部の便でシャープ敷地内の本社事務棟から発着するようになっている。

住之江匠町線編集

大阪市の住之江公園駅から匠町(シャープ堺工場)までの路線で、南海バスの一般路線では久々に大阪市内への乗入れとなった。平日朝ラッシュ時は6 - 7分毎に頻発(土休日は10 - 15分毎)し、昼間時は概ね30分毎に運行する。
平日朝の匠町行きのうち2本は準急として運転され、途中松屋大和川通三丁、松屋大和川通の二停留所のみ停車する。

Jグリーン堺線編集

土休日(但し年末年始は除く、平日でも学休日の期間中は臨時運転することがある)のみ運行。

堺東住之江線編集

2016年3月1日のダイヤ改正から運行開始。[16]同年3月19日にオープンするイオンモール堺鉄砲町へのアクセス路線。A2系統は朝のみで、A1系統は朝以降に運転。運行開始当初は20~30分間隔だったが、2017年4月1日のダイヤ改正で概ね1時間に1本へ削減されている。

堺南港線編集

  • N1系統:堺東駅前 - 堺駅前 - ポートタウン東 - インテックス大阪東 - <コスモタワー:復路のみ> - ATC
  • N1-1系統:堺東駅前 - 堺駅前 - 南港フェリーターミナル - ポートタウン東 - インテックス大阪東 - <コスモタワー:復路のみ> - ATC
  • N2系統:堺東駅前→堺駅前→ATC→コスモタワー→ポートタウン東→堺駅前→堺東駅
  • N2-1系統:堺東駅前→堺駅前→ATC→コスモタワー→ポートタウン東→南港フェリーターミナル→堺駅前→堺東駅前
  • N2-2系統:堺東駅前→堺駅前→ATC→コスモタワー→ポートタウン東
  • N3系統:堺東駅前→堺駅前→ポートタウン東→インテックス大阪東→ATC→海遊館→堺駅前→堺東駅
  • N3-1系統:堺東駅前→堺駅前→南港フェリーターミナル→ポートタウン東→インテックス大阪東→ATC→海遊館→堺駅前→堺東駅

堺と大阪南港地区を直結する路線で、2011年9月1日に運行を開始した。運賃は全区間510円均一。阪神高速道路経由でリムジンバス車両による運行。2012年1月16日より南港フェリーターミナル停車便を新設し、フェリーへの連絡を行うようになった。さらに2014年7月19日からはN3・N3-1系統を新設し、大阪港咲洲トンネル‎を経由して海遊館への乗り入れが復活した。N1・N1-1系統は平日の夕方以降、N2・N2-1・N2-2系統は朝ラッシュ時間帯、N3、N3-1系統は土休日及び平日の日中に運行される。当路線は一時期休止されていた路線を復活させたもので、運行区間は休止前の区間とほぼ踏襲している。当時は一般路線車両での運行であった。堺エリアのみ、南港エリアのみの利用は不可、またスルッとKANSAI2dayおよび3dayチケット等の企画乗車券も利用不可。「全線1日フリーカード」は利用可能(これ以外の座席定員制バスは利用不可)

2012年にハイバックシート・シートベルト付きのワンステップ車両が6台導入された。一時はこちらの車両での運行が多くなっていたが、現在はほとんどが光明池・空港営業所から転属の元Sorae車両で運行されている。

百舌鳥・古市古墳群周遊バス編集

大阪府の事業[17]として、2019年8月22日から2020年3月29日までの期間限定で運行する路線で、運行は近鉄バスと南海バスに委託され共同運行。平日は1日2往復(近鉄バス、南海バスともに1往復ずつ)、土休日は1日4往復(近鉄バス、南海バスともに2往復ずつ)で、南海バスは堺営業所、近鉄バスは八尾営業所が担当している。運賃は片道600円(小児半額)。路線は土師ノ里駅~羽曳野市役所前間で、堺市博物館前ゆきは土師ノ里駅始発→羽曳野市役所と通り、堺市博物館前発は土師ノ里駅→羽曳野市役所前終着となり、始終着停留所が異なっている。なお、土師ノ里駅~羽曳野市役所前間のみの利用は出来ない[18][19]

高速バス編集

夜行路線はすべて「サザンクロス」の愛称で運行している。停留所は一部省略。昼行路線は四国方面1路線に参入する。

堺・大阪 - 東京線編集

神戸・大阪・京都 - 立川線編集

堺・大阪・京都 - 鎌倉・戸塚線編集

江ノ電バスと共同運行。

路線沿革
車両
  • 独立3列シート・トイレ付車両で運行。

大阪・京都 - 銚子線編集

大阪・京都 - 長野・湯田中線編集

長電バスと共同運行。

路線沿革
  • 1989年12月10日 - 長野電鉄と南海電気鉄道(いずれも当時)の共同運行により、志賀高原 - なんば高速バスターミナル間で夜行高速バスの運行を開始。
  • 2000年頃 - 同路線の運行を廃止。
  • 2004年6月11日 - 長野側発着地を湯田中に変更した上で運行開始(事実上の再開)。
  • 2010年9月2日 - ダイヤ改正。運賃の改定と使用車両の変更を行い、高速京田辺での乗降取り扱いを開始。
  • 2014年11月9日 - ダイヤ改正。運賃の改定及び大阪駅前(桜橋口アルビ前)、信州中野駅、飯山駅での乗降扱いを開始(高速京田辺、アップルシティ中野を廃止)。
  • 2015年3月1日 - ダイヤ改正。幅運賃制度の導入及び三宮バスターミナルへの乗り入れを開始。
使用車両
  • 原則として化粧室付き独立3列シート車両で運行される。
    • なお、湯田中発着での運行開始時より2010年9月1日までは化粧室付き4列シート車両で運行されていた。
    • 1990年代は、大阪側はあべの橋バスステーション始発であった。
備考
  • 本路線の利用者は湯田中 - 志賀高原間の長電バス路線に正規運賃の半額で乗り継ぐことができる(参照)。

堺・大阪・京都 - 長岡・三条線編集

  • 堺市駅前 - 堺東駅前 - 堺駅前 - 湊町バスターミナル - 南海なんば高速バスターミナル - 高速京田辺 - 京都駅八条口 - 柏崎駅 - 長岡駅 - 東三条駅 - 三条営業所

大阪 - 徳島線編集

  • 南海なんば高速バスターミナル - 阪急三番街 - ハービスOSAKA - (高速舞子) - 高速鳴門 - (工業団地前) - 徳島駅前 - (加茂名) - (石井)
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン - 阪急三番街 - ハービスOSAKA - 高速鳴門 - 徳島駅前
( )内は一部の便が停車・発着。梅田では徳島方向・なんば方向とも阪急三番街→ハービスOSAKAの順に停車する。

大阪・京都 - 鶴岡・酒田線編集

  • (ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)-湊町バスターミナル - 南海なんば高速バスターミナル - 高速京田辺 - 京都駅八条口 - 庄内観光物産館 - 鶴岡 - 酒田庄交BT - (さかた海鮮市場前)

4月28日運行開始予定

深夜急行線編集

廃止・移管路線編集

津久野線編集

もともとは東山営業所の担当。1990年代に堺営業所に移管されたが、2013年9月1日東山営業所担当に戻った[2]

堺東・鳳西町線編集

  • 13系統:堺東駅前 - 市立堺病院前(現:栄泰橋) - 石津神社前 - 浜寺元町 - 鳳西町南

2013年9月1日から東山営業所に移管された[2]

石津川・鳳線編集

  • 91系統:石津川駅前 - 諏訪ノ森駅前 - 浜寺公園駅前通 - 浜寺元町 - 西区役所前
2015年7月1日廃止。もともとは浜寺公園駅前通-北野田駅前で運行していたが西区役所前で系統分離し、石津川駅前-西区役所前(もう一方は西区役所前-北野田駅前)で運行していたもの。廃止直前は平日4往復のみ運行。堺市立総合医療センターが津久野駅前に開業したことにより、新たにM2系統石津川駅前-西区役所前-堺市立総合医療センター前として東山営業所が運行、装いを新たにした。

松屋線編集

  • 11系統:堺東駅前 - 大小路 - 綾の町電停前 - 七道駅前通 - 松屋大和川通 - 八幡町

2016年3月1日改正で北回りに置き換えられ廃止に

高速バス編集

また、大阪 - 高松線は2017年3月31日限りで自社での運行から撤退し、高松エクスプレスの単独運行となった。予約・発券のみ継続しているが、同社は自社で用地を確保しているため、本営業所は元々運行支援業務を行っていなかった。

堺市ふれあいバス編集

堺市のコミュニティバスバスで、美原区を除く各区で運行していたが、利用状況の低迷から2013年6月末日で廃止となった[21]。運賃は100円均一でルートによって運行曜日が決められていた。美原区については金岡車庫担当で「みはらふれあい号」を別途運行していたが、こちらも堺市ふれあいバスと同じく2013年6月末日で廃止された[21]

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 南海電気鉄道 『南海電気鉄道百年史』、1985年、406頁。 
  2. ^ a b c 金岡車庫の廃止について (PDF, 南海バス 2013年8月21日)
  3. ^ a b 新しい「堺シャトルバス」が登場します”. 南海バス (2016年2月25日). 2016年6月20日閲覧。
  4. ^ 極稀に検査等の都合で一般車による代走を行う場合がある。
  5. ^ a b 南海電気鉄道 『南海二世紀に入って十年の歩み』、1995年、72頁。 
  6. ^ a b 南海電気鉄道 『南海電鉄最近の10年 創業120周年記念』、2005年、62-63頁。 
  7. ^ 南海電気鉄道 『南海電鉄最近の10年 創業120周年記念』、2005年、63,96頁。 
  8. ^ JR鳳駅から北東へ徒歩5分。
  9. ^ 石津川駅前~西区役所前のみ適用対象。
  10. ^ 2015年7月1日に市立堺病院移転時に栄泰橋へ改称。跡地には2015年10月1日に三国ヶ丘駅近くにあった清恵会病院が移転した。なお7月1日から9月30日まで堺東駅前行は栄泰橋を経由しなかった。
  11. ^ 近鉄バス八尾営業所#堺線も参照
  12. ^ a b c 南海バス 堺営業所平成28年3月1日(火)よりダイヤ改正
  13. ^ 堺駅南口 - (労災病院前・野遠・菩提経由) - 北野田駅前(大美野噴水前)系統の名残である。
  14. ^ もっとも、公式サイト内の堺営業所管内運賃表でも紹介している通り、堺駅南口〜地下鉄新金岡駅前・阪和堺市駅前間の系統と、地下鉄新金岡駅前〜美原区役所前間の系統を相互に乗り継ぐ場合、乗り継ぎ制度が認められているのは途中の「大饗」までであり、「大饗」を越えて「太井」または「美原区役所前」まで向かう場合は地下鉄新金岡駅前を境に打ち切り計算となる。なお乗り継ぎ相手が地下鉄新金岡駅前〜北野田駅前間系統であれば、こちらは全区間乗り継ぎ制度が認められている(すなわち、堺駅南口 - 地下鉄新金岡駅前乗り継ぎ - 北野田駅前間に関しては、系統分割後もかつての長大系統のように1本の運賃で行くことができる)。
  15. ^ 大美野噴水前発着。2015年12月5日のダイヤ改正で廃止。
  16. ^ イオンモール堺鉄砲町および住之江公園駅前への路線新設について - 南海バス公式サイト
  17. ^ “百舌鳥・古市の両古墳群を結ぶ周遊バス 22日から運行”. 日経電子版 (日本経済新聞社). (2019年8月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48633980W9A810C1LKA000/ 2019年9月5日閲覧。 
  18. ^ 百舌鳥・古市古墳群周遊バスの運行について 近鉄バス 2019年8月14日
  19. ^ 百舌鳥・古市古墳群周遊バス 近鉄バス
  20. ^ 高速バス「大阪・京都〜小田原・藤沢・鎌倉線」高速京田辺 停留所を新設のお知らせ (PDF, 南海バス 2012年1月20日)
  21. ^ a b ふれあいバス・みはらふれあい号廃止の告知 Archived 2013年9月20日, at the Wayback Machine.

外部リンク編集