メインメニューを開く

南海丸遭難事故(なんかいまるそうなんじこ)は、1958年昭和33年)に発生した海難事故である。悪天候の中出航したため、時化が原因で転覆・沈没したのは間違いないが、生存者が1人もいないため詳細は不明である。

事故の概要編集

  • 1958年(昭和33年)1月26日の17時ごろ、徳島地方気象台強風注意報を出したが、連絡航路の南海汽船(後の南海フェリー)所属の旅客船「南海丸」は、17時30分頃に和歌山港和歌山県和歌山市)へ向け小松島港徳島県小松島市)を出航した。
  • 同日18時28分ごろに無線電話で危険を知らせる連絡を最期に消息を絶った。当時、南海丸がいた紀伊水道沼島付近は平均風速17ないし20メートル、平均波高4ないし5メートルの悪天候であったものと推定されたため、直ちに僚船や海上保安庁巡視船らによる救助体制がとられた。
  • 翌々日の1月28日の16時ごろに沼島の南西2.4海里の水深約40メートルに沈没している船体が発見された。その後船体は引き上げられたが、旅客139名乗組員28名の167人全員が死亡もしくは行方不明となる大惨事になった。
  • 海難審判の採決文によれば、この遭難について、船体および機関に沈没原因になるような欠陥は無く、発生原因が明らかでないとされた。生存者がいなかったため事故の詳細は明らかに出来なかったが、おそらくは台風並みに発達した低気圧による時化で沈没したのではないかといわれている。

南海丸の概要編集

1923年(大正12年)に就航、1950年(昭和25年)に運航を終了した宇高航路南海丸とは別の船である。南海汽船の南海丸は1956年(昭和31年)3月に竣工した新しい船舶であった。総トン数494トン。乗客定員は444名。

外部リンク編集