メインメニューを開く

南海和歌山港線

日本の和歌山県和歌山市を通る南海電気鉄道の鉄道路線

和歌山港線(わかやまこうせん)は、和歌山県和歌山市和歌山市駅から和歌山港駅までを結ぶ、南海電気鉄道鉄道路線である。和歌山港駅で南海フェリー四国航路「南海四国ライン」に連絡しており、大阪方面から徳島への連絡線の役目を果たしている。

Nankai group logo.svg 和歌山港線
シンボルマーク
基本情報
日本の旗 日本
所在地 和歌山県
起点 和歌山市駅
終点 和歌山港駅
駅数 2駅
路線記号 NK NK
開業 1956年5月6日
全通 1971年3月6日
部分廃止 2002年5月26日
途中駅廃止 2005年11月27日
所有者 南海電気鉄道
(和歌山市 - 県社分界点間 第1種鉄道事業者)
和歌山県
(県社分界点 - 和歌山港間 第3種鉄道事業者)
運営者 南海電気鉄道
(和歌山市 - 県社分界点間 第1種鉄道事業者、県社分界点 - 和歌山港間 第2種鉄道事業者)
車両基地 住ノ江検車区、同区羽倉崎検車支区
同区和歌山出張場
使用車両 12000系8300系8000系1000系9000系10000系7100系3000系2200系、2230系
路線諸元
路線距離 2.8 km
軌間 1,067 mm狭軌
線路数 単線
電化方式 直流1,500 V 架空電車線方式
閉塞方式 自動閉塞式
路線図
Nankai Electric Railway Linemap.svg
テンプレートを表示

かつては沿線利用も考慮され、途中駅として久保町駅築地橋駅築港町駅があったが、いずれも一日の平均乗降客数が100人以下だったため2005年平成17年)11月27日に廃止された[1]。また終着駅だった水軒駅は、それより前の2002年(平成14年)5月26日に廃止された。

路線データ編集

県社分界点(久保町駅) - 和歌山港間は、南海電気鉄道の敷設免許を譲り受けて港湾管理者である和歌山県が臨港鉄道[2]として整備したもので、南海電気鉄道が第二種鉄道事業者、和歌山県が第三種鉄道事業者となっているが、臨港地区[3]内に含まれない県社分界点(久保町駅) - 和歌山市駅間は南海が建設した。なお、和歌山県との境界点であった久保町駅は先述の通り2005年11月27日に廃止されたため、境界点の名称は県社分界点となった。

キロポストの距離表示は南海本線からの通算となっている。

運行形態編集

停車場・施設・接続路線
 
NK01 難波駅
 
  南海本線
   
JR西紀勢本線
       
住ノ江検車区和歌山出張場
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
0.0 NK45 和歌山市駅
     
 
 
 
和歌山軌道線(海南線)
   
北島支線
 
市堀川
 
↑南海:第一種事業
 
 
 
 
0.8 県社分界点 (旧久保町駅
 
↓南海:第二種事業
 
和歌山県:第三種事業
   
築地川
   
1.5 築地橋駅 -2005
     
     
2.3 築港町駅 -2005
     
和歌山港駅 (I) -1971
   
   
2.8 NK45-1 和歌山港駅 (II) 1971-
 
5.4 水軒駅 -2002

南海本線直通の特急「サザン」並びに急行及び線内運転の普通列車が運転されている。線内運転の普通列車は2005年11月27日のダイヤ改正で途中駅が廃止されたためいったん消滅し、南海本線と直通する特急と急行のみの運転となっていたが、その後2012年4月1日のダイヤ改正ですべて南海四国ラインとの接続に特化したダイヤになるとともに、特急「サザン」と急行の一部が線内運転の普通列車に置き換えられた[4]。同年10月1日には、平日ダイヤの急行上り2本が和歌山港発和歌山市行きの普通列車に変更された(従来の列車は和歌山市発として運行)[5]

なお、2002年5月26日の水軒駅廃止以前から特急と急行は難波方面から和歌山港駅までの運転で、2005年11月27日廃止の途中駅はすべて通過していた。また、水軒駅発着の線内折り返し普通列車は1日2往復(午前・午後にそれぞれ1往復)のみであった。

毎年7月20日には和歌山市内で「港まつり花火大会」が開催されるため、この日のみ大幅に和歌山市駅 - 和歌山港駅間の急行が増発される。また、この日の臨時列車が運転される時間帯の特急「サザン」はすべて和歌山市駅 - 難波駅間での運転となり、和歌山港線へは乗り入れない。

沿線には企業の工場や官公庁の施設が多い。かつては朝夕の運行本数が多く設定されていたが、現在は南海四国ラインとの接続に特化したダイヤとなっているため、通勤客よりもフェリー乗船客の利用が中心となっている。

廃止された無人駅での運賃・乗車券の取り扱い編集

和歌山市・和歌山港以外の駅はすべて無人化されていたため、無人駅(久保町・築地橋・築港町・水軒)が存在していた頃における運賃・乗車券の取り扱いは次の通りとなっていた(ここはあくまで「スルッとKANSAI」導入以降、すなわちワンマン化後について述べることにする。)。なお、中間無人駅で下車せずに和歌山市駅 - 和歌山港駅間を乗車する場合は、磁気カードがそのまま使用できた。ちなみに、2012年4月以降は和歌山港駅も無人駅化されたが、自動改札は引き続き設置されている。

無人駅相互間だけで完結する場合
 
実際に取り付けられていた運賃箱
無人駅に自動改札機が設置されていなかったため、無人駅相互間だけの利用に限り磁気カード類は使用できず、そのまま乗車し、降車時に車内備え付けの料金箱に現金を直接入れる方法を取っていた(ワンマン化以降)。和歌山市駅・和歌山港駅から無人駅へ、または和歌山市以北の南海線各駅から和歌山市駅を跨いで無人駅へ向かう場合も、車内備え付けの運賃箱に乗車券を入れる方法を取っていた。

無人駅から和歌山市駅または和歌山港駅で下車する場合
 
和歌山市駅の乗車駅証明書発行機
和歌山市駅で降車する場合、同駅到着後オレンジ色の乗車駅証明書発行機から各駅ごとに示された乗車駅証明書を取り出し、中間改札を通り抜けた後、コンコース内ののりこし精算機で運賃を支払い、発券された出場証を自動改札機に投入し、出場。
和歌山港駅で降車する場合、同駅に乗車駅証明書発行機がないため、車内備え付けの運賃箱に現金を直接入れるか、または同駅の改札窓口で運賃を支払って出場(「スルッとKANSAI」共通カードでも有効)。
無人駅から和歌山市駅を跨いで同駅以北の南海線およびJR西日本線各駅に乗り継ぐ場合
無人駅からそのまま乗車し、和歌山市駅到着後オレンジ色の乗車駅証明書発行機から各駅ごとに示された乗車駅証明書を取り出し、それで中間改札を通り抜け、南海本線または加太線に乗り換える場合はそのまま乗り換えの列車に乗車し、最終的に降車駅に設置されているのりこし精算機で運賃を支払い(「スルッとKANSAI」共通カードでも有効)、発券された出場証を自動改札機に投入し、出場。JR線に乗り換える場合も同様にのりこし精算機で運賃を支払い、発券された出場証を2番ホームにある中間改札に投入。

歴史編集

 
水軒駅に停車中の2200系電車

南海四国航路が開設された1956年(昭和31年)に和歌山市駅 - 和歌山港駅(初代、後の築港町駅)間が開業し、1971年(昭和46年)には和歌山港の移転と和歌山県が計画した木材輸送のため築港町駅 - 水軒駅間が延長された。しかし、延伸開業時にはすでに木材輸送がトラック輸送に切り替わっており、一度も木材輸送のための貨物列車が運行されることがなかった。

延長区間のうち、和歌山港駅 - 水軒駅間には、前述の通り和歌山市駅からの旅客列車が一日わずか2往復だけ運転されていたが、「同区間にある踏切が交差道路拡張の障害になっている」との理由で、2002年(平成14年)に廃止された。水軒駅廃止直前の同年4月28日には臨時で特急「サザン」が難波駅から水軒駅まで運転された。また、同駅最終営業日の5月25日には、和歌山市駅から水軒駅まで2往復の定期列車に加えて5往復の臨時列車も運転された(「水軒駅」も参照)。

なお、開業当初から難波発着の南海四国航路連絡列車が運転されている。当初は1551系を使用した急行「あわ」が運行された。のちに特急「四国」が運行開始され、1985年(昭和60年)からは「サザン」となっている。

2005年11月には中間の3駅(前述)が廃止され、和歌山バスの160系統などが事実上中間駅周辺の代行輸送を担っている。

年表編集

  • 1956年昭和31年)5月6日:和歌山市駅 - 和歌山港駅(初代、後の築港町駅)間が開業。
  • 1971年(昭和46年)3月6日:築港町駅 - 水軒駅間が開業。和歌山港駅(初代)を移設の上、築港町駅に改称。
  • 2001年平成13年)3月24日:普通列車のワンマン運転開始。
  • 2002年(平成14年)5月26日:和歌山港駅 - 水軒駅間 (2.6km) が廃止。
  • 2005年(平成17年)11月27日:久保町駅、築地橋駅、築港町駅廃止。線内運転の普通列車を廃止。
  • 2012年(平成24年)4月1日:南海フェリーとの接続に特化したダイヤとなり、運行本数を削減。特急「サザン」と急行の一部の置き換えで線内運転の普通列車が復活。土曜・休日の急行が廃止に。和歌山港駅無人化ならびに特急サザン座席指定券の取り扱いが終了。

駅一覧編集

全駅和歌山県和歌山市に所在。

営業中の区間編集

駅番号 駅名 営業キロ 接続路線
NK45 和歌山市駅 0.0 南海電気鉄道  南海本線(一部直通)
西日本旅客鉄道紀勢本線
県社分界点 (0.8)  
NK45-1 和歌山港駅 2.8 南海フェリー

廃止区間編集

和歌山港駅 - 水軒駅

廃駅編集

過去の接続路線編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 和歌山港線中間中間3駅(久保町・築地橋・築港町)の廃止日決定について (PDF) - 南海電気鉄道プレスリリース、2005年5月13日
  2. ^ 港湾法第四十三条二項に、港湾管理者のする「重要港湾における臨港交通施設の建設又は改良の港湾工事」の費用に対する国からの補助について定められている。
  3. ^ 昭和40年7月31日建設省告示第2103号で指定された和歌山下津臨港地区。地域地区とは(和歌山市)の「臨港地区」節、および臨港地区及び分区について(和歌山県)を参照。
  4. ^ 4月1日(日)から「南海線」のダイヤを変更します (PDF) - 2012年1月24日 南海電気鉄道公式サイト内「(3) 和歌山港線を南海フェリーとの接続に特化」の項目より
  5. ^ 和歌山港駅発の一部列車の変更について[リンク切れ] - 南海電気鉄道、2012年9月29日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集