メインメニューを開く

南禅寺豆腐(なんぜんじどうふ)は、京都府南禅寺周辺や山形県庄内地方でみられる豆腐。 地元ではその形からおっぱい豆腐という愛称で親しまれている

概要編集

豆腐の大きさは80-150gで、円いおわん型をした形状をとり、やわらかく口当たりが良い。

古くから湯豆腐に使われてきた他、冷や奴としてミョウガや生姜などを載せたり、あんかけなどをかけたりして食べる。

歴史編集

南禅寺の参道やその周辺には、古くから南禅寺豆腐の湯豆腐屋がある。

庄内地方の南禅寺豆腐は、京都の坊主が酒田の豆腐屋に作り方を伝授したことで広まったという説がある。

外部リンク編集