メインメニューを開く

南谷 真鈴(みなみや まりん、1996年12月20日 - )は、日本の女性登山家冒険家七大陸最高峰日本人最年少登頂記録保持者[1]神奈川県川崎市出身[2]東京学芸大学附属国際中等教育学校卒業、早稲田大学政治経済学部在学中。

経歴編集

神奈川県で生まれたが、父が貿易関係の仕事をしていたこともあり、1歳半でマレーシアに渡り、その後、大連上海香港とアジア各地を転々とした。幼い頃からバイオリン、ピアノ、ギター、マリンバ、ドラムを習い、部活もバレー、陸上、乗馬を同時にやっていた。香港に住んでいた13歳の時に学校行事で初めて山に登る機会があり、そこから山に本格的に興味を持ち、エベレストを目指すようになった[3]。17歳の時に両親が離婚[4]。高校3年の春に香港の高校から日本の高校に編入。

エベレストに登りたいと父に言ったところ、「いいんじゃない。でも資金面でのサポートはしない。自分でやりなさい」と言われ、20歳までに登れば日本人最年少記録を更新できることをPRすれば資金を集められるのではないかと考え毎日のように企業やマスコミにメールを送りスポンサーを探した。すぐに話を聞いてくれたのがフランスのアウトドア用品メーカーミレーで、「ぜひ応援したい」と登山グッズの提供を受けた。その後東京新聞読売新聞が取材してくれることになり、特に東京新聞では2014年12月16日の夕刊1面で「エベレストへ女子高生挑む 国内最年少目標」と大きく取り上げられ、記事を読んだ高齢女性から「登山が好きだったが私は歳で登れない。自分の夢を託したい」と100万円の寄付を受けた。それから次第にスポンサーがつき、早稲田大学OBである柳井正が代表取締役を務めるユニクロからスポンサードを受けるようになった[5][6]

2015年1月に南米最高峰アコンカグアを皮切りに各大陸最高峰を次々と登頂。2015年3月には長野・八ヶ岳連峰阿弥陀岳を下山中に250mの滑落事故に遭い、奇跡的に無傷で済んだが、その日は標高2000m付近で雪に穴を掘って一晩過ごし翌日に救助された[7]

2015年4月、早稲田大学政治経済学部入学。2015年10月にマナスルの登頂に成功し、日本人最年少の8000m峰登頂と女性世界最年少の同山登頂を達成[2]。2016年1月には南極点に到達。2016年5月23日にエベレストに登頂し日本人最年少記録を更新。2016年7月4日に北米最高峰デナリの登頂に成功し、七大陸最高峰制覇を達成した[8]。一番つらかったのが最後のデナリへの登頂の時で、山頂にアタックする日、晴天の予報だったにもかかわらず突然風速60mの大嵐に見舞われ9日間テントで必死で耐え、SNSに最期の言葉も投稿し死も覚悟したという[9]

2017年4月13日に北極点到達に成功し、「探検家グランドスラム」(七大陸最高峰・北極点・南極点到達)を世界最年少の20歳112日で達成した[10]

2019年ミス日本特別賞(和田静郎特別顕彰)に選出された。

登山・冒険歴編集

受賞編集

著書編集

脚注編集

外部リンク編集