南豊州(なんほうしゅう)は、中国にかつて存在した大元ウルスの時代に現在の江西省撫州市南豊県に設置された。大元ウルスの行政上は江西等処行中書省に属した。

モンゴル時代の江南投下領。南豊州は右(東)に位置する。

華北寧海州とともに、チンギス・カンの叔父のダアリタイ・オッチギンを始祖とするダアリタイ・ウルスの投下領であった[1]

歴史編集

唐代南豊県を前身とする。モンゴル帝国第5代皇帝セチェン・カアン(クビライ)によって南宋が平定されると、1281年(至元18年)に南豊県の11,000戸がダアリタイ王家の投下領として与えられた[2]1282年(至元19年)には県から州へと昇格になり、江西行省に直属する「南豊州」となった[3]

朱元璋明朝を建国すると、南豊州は再び南豊県と改められ、建昌府に属した。

脚注編集

  1. ^ 植松1997,100
  2. ^ 『元史』巻95志44食貨志3,「太祖叔答里真官人位……江南戸鈔、至元十八年、撥南豊州一万一千戸、計鈔四百四十錠」
  3. ^ 『元史』巻62志14地理志5,「南豊州、下。唐為南豊県、隷撫州。宋改隷建昌軍。元至元十九年、升為州、直隷行省。戸二万五千七十八、口一十二万八千九百」

参考文献編集

  • 植松正『元代江南政事社会史研究』汲戸書院、1997年
  • 杉山正明『モンゴル帝国と大元ウルス』京都大学学術出版会、2004年
  • 村岡倫「元代江南投下領とモンゴリアの遊牧集団」『龍谷紀要』18、1996年