南部アフリカ大断崖

南部アフリカ大断崖(なんぶアフリカだんがい、英語: Great Escarpment, Southern Africa)は、アフリカ大陸南部の主要な地形的特徴であり、南部アフリカ高原から、南部アフリカを3つの側面で囲む海の方向に向かって急な斜面で構成されている。[1][2]大断崖は主に南アフリカ共和国の国内にあるが、では北に伸びてモザンビークジンバブエの国境を形成し、ザンベジ川の谷を越えてザンビア東部のムチンガ大断崖(Muchinga Escarpment)を形成する。西でも、大断崖は北に向かってナミビアアンゴラにまで伸びている。

南アフリカ共和国南部とそれを超えて広がる南部アフリカ大断崖

この大断崖のさまざまな部分には、いろいろな名前が付けられている。最もよく知られている部分はドラケンスバーグ山脈である。 ナミビアのシュウォーズランド、ホマスハイランドの端、そしてアンゴラのチェラ山脈(Serra da Chela)もよく知られている名前である。

脚注編集

参照項目編集

外部リンク編集