メインメニューを開く

南部 信義(なんぶ のぶよし、1462年寛正3年) - 1503年6月18日文亀3年5月24日[1])は、陸奥戦国大名南部氏の第21代当主[1]。第20代当主・南部信時の嫡男[1]。官位は修理大夫[1]。子に北致愛がいる[2]

略歴編集

父同様に詳しい経歴はわかっていない。文亀元年(1501年)12月に父・信時が没したため家督を継ぐが、その後わずか1年余り後の文亀3年(1503年)5月24日に41歳で死去し、跡を弟の南部政康が継いだ。子の致愛は信義が死去した次の日に誕生したが、八戸信長の横槍によって22代惣領に就任できず、母方の北家に追いやられた。北信愛はこの南部信義の嫡孫にあたる[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d 阿部 & 西村 1990, p. 591.
  2. ^ a b 阿部 & 西村 1990, p. 589.

参考文献編集

  • 阿部猛; 西村圭子編 『戦国人名事典コンパクト版』 新人物往来社、1990年9月。ISBN 4-404-01752-9