南部 利幹(なんぶ としもと)は、江戸時代中期の大名陸奥国盛岡藩の第6代藩主官位従五位下信濃守大膳亮

 
南部利幹
Nanbu Toshitomo.jpg
南部利幹
時代 江戸時代中期
生誕 元禄2年閏1月20日1689年3月11日
死没 享保10年6月4日1725年7月13日
改名 尚信、信応、利幹
別名 吉助、左近、主馬(通称
官位 従五位下信濃守大膳亮
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
陸奥盛岡藩
氏族 南部氏
父母 南部行信心光院
兄弟 実信信恩利幹青山幸督正室、牧野英成正室、南部直政正室、艶姫、幕子ら
正室蜂須賀隆長の養女・春姫
側室:橋本氏の娘・貞林院
利雄信起
養子利視
テンプレートを表示

略歴編集

元禄2年(1689年)、第4代藩主・南部行信の4男として誕生。初め、父の命令により三戸氏を称した。宝永3年(1706年)1月5日、兄で先代藩主の信恩が死去したため、末期養子として家督を継いだ。同年1月15日、5代将軍徳川綱吉御目見する。同年12月18日、従五位下・信濃守に叙任する。

宝永5年(1708年)、荒廃した白山神社の再興のため、本殿(県指定有形文化財)を勧請する[1]

領内の銅減産も重なって、盛岡藩では財政難が進行し、江戸の借財が10余万両にまで膨らみ、参勤交代費用にも窮する事態となった。これにより、享保8年(1723年)には家老以下を更迭し、諸役人を減員する倹約政策を断行して一定の効果を得た。しかし、他方では強引な政策に家臣の不満が高まった。

享保10年(1725年)に死去し、跡を養子の利視(兄・信恩の次男)が継いだ。また、次男の南部信起家格寄合席旗本となった。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 白山神社本殿”. 北上観光コンベンション協会. 2018年12月24日閲覧。

参考文献編集