南部 利恭(なんぶ としゆき)は、江戸時代後期の陸奥国盛岡藩15代(最後の)藩主。のち伯爵

 
南部利恭
Nanbu Toshiyuki.jpg
南部利恭
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 安政2年10月9日1855年11月18日
死没 明治36年(1903年10月19日
改名 彦太郎(幼名)、剛毅(初名)、利恭
墓所 東京都文京区大塚護国寺
官位 従五位下甲斐守従三位正三位
主君 明治天皇
陸奥盛岡藩
氏族 南部氏
父母 南部利剛
兄弟 利恭、郁子、大隈英麿麻子信方
慶麿剛護利克、稠子、宗子、倫子、
貴子ら
伊達宗城六女・煕
溝口直溥七女・幾姫
浅野懋昭娘・喜久子
利祥利淳、庸子
テンプレートを表示

略歴編集

14代藩主・南部利剛の長男として誕生。幼名は彦太郎、初名は剛毅。

文久3年(1863年)9月、幕府に丈夫届を提出する。明治元年(1868年)10月9日、戊辰戦争に際し、南部信民と共に官軍に降伏を申し入れる。同年12月2日、父・利剛と共に東京に護送されて、金地院で謹慎する。同年12月17日、利剛が明治政府から隠居を命じられたため家督を相続した。同年12月24日、戊辰戦争で官軍と交戦したため、陸奥国白石13万石に減転封された。

明治2年(1869年)6月18日、版籍奉還により白石藩知事に就任する。同年6月28日、従五位下・甲斐守に叙任する。同年7月22日、盛岡藩知事に転任する。盛岡復帰のため、政府に70万両の献金を約束した。しかし、大半は調達できず、政府は廃藩の圧力をかけて、利恭は辞表を提出するにいたった。明治3年(1870年)7月、政府は辞表を受理し、盛岡県を設置した。

明治17年(1884年)7月、伯爵となる。

栄典編集

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  2. ^ 『官報』第3893号「叙任及辞令」1896年6月22日。
  3. ^ 『官報』第5688号「叙任及辞令」1902年6月21日。

外部リンク編集


日本の爵位
先代:
叙爵
伯爵
盛岡南部家初代
1884年 - 1903年
次代:
南部利祥