メインメニューを開く

南部 政康(なんぶ まさやす、1461年寛正2年) - 1507年3月23日永正4年2月10日)?)は陸奥戦国大名南部氏の第22代当主[1]。第20代当主・南部信時の次男で[1]、第21代当主・南部信義の兄(弟とも)[1]

目次

略歴編集

将軍足利義政より諱を与えられる。父や弟同様、詳しい経歴はほとんど分かっていない。ただ、政康には彼の後を継ぐことになる長男の南部安信のほか、次男の石川高信、3男の南長義、4男の石亀信房、5男の毛馬内秀範と男児が5人もいたことが、南部氏の一族集権による戦国大名化において大きな支えとなったのである[1]。没年は不明だが、永禄・天正のころの棟札に政康の名が見える[注釈 1]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 阿部 & 西村 1990, p. 591では政康の没年は永正4年(1507年)。『寛政重修諸家譜』では同年2月10日死去とされる。

引用元編集

  1. ^ a b c d 阿部 & 西村 1990, p. 591.

参考文献編集

  • 阿部猛; 西村圭子編 『戦国人名事典コンパクト版』 新人物往来社、1990年9月。ISBN 4-404-01752-9