南部 時政(なんぶ ときまさ)は、室町時代中期から後期にかけての武士。通称は彦次郎。大膳大夫南部氏18代当主。

 
南部時政
時代 室町時代中期 - 後期
生誕 応永17年(1410年
死没 文明5年3月5日1473年4月2日
別名 通称:彦次郎
官位 大膳大夫
氏族 南部氏
父母 父:南部政盛
兄弟 光政時政
通継信実
テンプレートを表示

略歴編集

15代当主・南部政盛の子として誕生。長子ではなかったが、17代当主となっていた兄・光政の跡を継いで当主となった。

応仁の乱に際しては、足利義政に献じて中央への外交工作に努めたが、小野寺氏の勃興によって出羽国方面への足がかりであった仙北上浦地方の所領を失うなど、勢力拡大には失敗した。

時政の死後は、実子・通継が当主となった。