南部街道(なんぶかいどうは)は、岩手県遠野市から同県気仙郡に至る街道。

概要編集

「葛西領内地図」に記載されている。建武2年(1335年)頃からの、遠野南部から海岸に通じる古道。 閉伊郡横田村(現 遠野市)から青笹-上郷平倉-赤羽根峠を経由して、葛西領(のちの伊達領)に至る街道[1]

別称としての南部道編集

藩政時代の久保田(秋田)藩と隣藩 盛岡藩を結ぶ脇街道の秋田側の総称。盛岡藩が南部藩と呼ばれたことに由来する。

久保田藩
関所・番所
秋田側呼称 岩手側呼称 盛岡藩
関所・番所
備考
十二所口 南部街道、南部道 鹿角往来 土深井番所
生保内口 南部街道、生保内街道 国見峠 秋田往来 橋場番所
善知鳥(うとう)口 松坂峠(善知鳥越) 善知鳥道 沢内番所(太田) 沢内番所は物留番所
大松川(福万)口 萱峠
小松川口 白木嶺道、小松川街道、南部道 白木峠 沢内街道 越中畑番所

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「新版 岩手百科事典」 岩手放送

参考資料編集

  • 岩手放送『新版 岩手百科事典』岩手放送株式会社、1988-10-115。
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 3 岩手県』角川書店、1985年。ISBN 4-04-001030-2
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 5 秋田県』角川書店、1980年。ISBN 4-04-001050-7

関連項目編集