南院 (高野山)

和歌山県高野町の寺院

南院(なんいん) は、和歌山県高野町高野山真言宗の寺院。近畿三十六不動尊霊場の結願寺。宿坊を併設している。

南院
Nanin0ɨ.jpg
所在地 和歌山県伊都郡高野町大字高野山680
位置 北緯34度13分0.08秒 東経135度34分59.24秒 / 北緯34.2166889度 東経135.5831222度 / 34.2166889; 135.5831222座標: 北緯34度13分0.08秒 東経135度34分59.24秒 / 北緯34.2166889度 東経135.5831222度 / 34.2166889; 135.5831222
宗派 高野山真言宗
寺格 別格本山
本尊 浪切不動明王
開基 子島真興僧都
正式名 高野山別格本山浪切不動尊別当南院
札所等 近畿三十六不動尊霊場第36番
公式HP 南院
法人番号 2170005004911 ウィキデータを編集
南院 (高野山)の位置(和歌山県内)
南院 (高野山)
テンプレートを表示

概要編集

東大寺の南院に住していた子島真興僧都の建立。空海が唐より帰国のとき嵐に遭い、その時、空海は自ら不動明王を刻み祈願して荒波を鎮め無事に帰国できたという。その不動明王像は当初は壇上伽藍の山王院に安置されていたが、南院住職維範大徳の時(平安時代)に当院に移された。その本尊・浪切不動明王は、毎年6月28日に開帳される。

境内編集

  • 本堂:天井画は吉田高嶺の描いた龍。
  • 庭園:徳川家霊台に隣接しており、稚児大師と称されるの花が咲く。[1]
  • 客殿
  • 仏舎利塔
  • 駐車場:バス5台、普通車30台、無料。

文化財編集

重要文化財
  • 木造不動明王立像:木造、古色、86.2cm、藤原時代、明治41年1月10日指定

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ 巡礼高野山 新潮社2008年11月20日発行

外部リンク編集