メインメニューを開く

南陽高畠インターチェンジ

日本の山形県東置賜郡高畠町にある東北中央自動車道のインターチェンジ

南陽高畠インターチェンジ(なんようたかはたインターチェンジ)は、山形県東置賜郡高畠町大字深沼にある、東北中央自動車道インターチェンジである。南陽市および長井市の最寄りインターチェンジ。元々当ICは、米沢南陽道路として供用されていたが、2017年(平成29年)11月4日に東北中央自動車道に改称された[1]

南陽高畠インターチェンジ
出入口
出入口
所属路線 E13 東北中央自動車道
IC番号 11
料金所番号 07-432
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0013.svgJapanese National Route Sign 0113.svg 南陽高畠
起点からの距離 95.3 km(相馬IC起点)
(7.1 km) 南陽PA
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0013.svg 国道13号
Japanese National Route Sign 0113.svg 国道113号
供用開始日 1997年平成9年)11月21日
通行台数 x台/日
所在地 992-0344
山形県東置賜郡高畠町大字深沼
テンプレートを表示

目次

歴史編集

周辺編集

接続する道路編集

料金所編集

  • ブース数:4

開通当時は当ICに料金所はなく、米沢北IC出入口にある料金所で支払っていた。2017年(平成29年)11月4日の福島大笹生IC - 米沢北ICの開通に先立つ同年9月28日に、米沢北IC - 南陽高畠IC間の通行料金の徴収場所は米沢北TBに変更され、以降はそちらで料金を支払う形となっている。

その後、2019年(平成31年)4月13日の南陽高畠IC - 山形上山IC間開通に先立つ同年3月13日より、本IC内に設置された料金所が稼働を開始した[3]

編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集