単一欧州議定書(たんいつおうしゅうぎていしょ、:Single European Act, SEA)は、ローマ条約を初めて大規模に修正し、単一欧州市場と欧州政治協力を正式に設立した議定書。

単一欧州議定書
署名 1986年2月17日ルクセンブルク市
1986年2月28日ハーグ
発効 1987年7月1日(ドロール委員会
主な内容 単一欧州市場と欧州政治協力を正式に設立
関連条約 ローマ条約
テンプレートを表示

1986年2月に調印がなされ、1987年に発効。

概要編集

1980年代欧州共同体(EC)では、域内各国間での自由貿易に関する制度の整備不足があることを重要な課題と捉えていた。政財界からは各国間の法律の調整と政策のずれを是正を求める声が上がっていた。

欧州委員会はヨーロッパでの共通市場成立の可能性と、成立までに至る過程を分析し、域内市場に関する白書にまとめた。その後、この白書を元に単一欧州議定書が作成されていった。

単一欧州議定書では、単一市場の成立には各国間に残る障壁の除去、制度面の調整、さらには欧州各国の競争力の向上が必要とされた。また各機関における議決手続きが改められ、欧州連合理事会の特定多数決方式を適用する分野が拡張された。単一市場成立の目標期限については1992年と定められた。

議定書では、のちの欧州連合における共通外交・安全保障政策の起源となる欧州政治協力の概念が正式に取り入れられた。

締結編集

議定書は1986年2月17日ルクセンブルク市1986年2月28日ハーグにおける調印を経て、1987年7月1日、ドロール委員会の下で発効した。

タイムライン編集

署名
発効
条約
1948
1948
ブリュッセル
1951
1952
パリ
1954
1955
パリ協定
1957
1958
ローマ
1965
1967
統合
1986
1987
単一議定書
1992
1993
マーストリヒト
1997
1999
アムステルダム
2001
2003
ニース
2007
2009
リスボン
               
                   
欧州諸共同体 (EC) 欧州連合 (EU) 3つの柱構造
欧州原子力共同体

欧州石炭鉄鋼共同体 (ECSC) 2002年に失効・共同体消滅 欧州連合 (EU)
    欧州経済共同体 (EEC) 欧州共同体 (EC)
     
司法・内務協力
  警察・刑事司法協力
欧州政治協力 共通外交・安全保障政策
組織未設立 西欧同盟    
2010年に条約の効力停止
                   

外部サイト編集